サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    チャールズ・ログの作成

    このトピックでは、を作成して保存する方法を学びます チャールズ ログ。 これは、サポートを利用する場合に役立ちます。サポートにログを送信するよう依頼される場合があります。

    チャールズ は、コンピューター上で実行されるWebプロキシであり、Webブラウザーとサーバーの間で送受信されるデータを記録できます。 を使用して チャールズ 問題の診断と修正が簡単になります。 詳細については、 チャールズ Webプロキシ サイト。

    作成する手順 チャールズ ログ

    次の手順に従って、 チャールズ 記録されたログを作成するWebプロキシ。

    1. ダウンロード インストールする チャールズ あなたのマシンで。 チャールズ Windows、Mac、Linuxと互換性があります。 インストールに関するプラットフォーム固有の詳細について チャールズ、を参照してください。 チャールズ インストール を参照ください。

    2. あなたのコンピュータで、 チャールズ。 メニューから、 プロキシ>プロキシ設定。 ポートが割り当てられていることを確認します(例:8888)。 透過的なHTTPプロキシを有効にする オプションが選択されています。
      プロキシ設定
      プロキシ設定
    3. 次の項目を選択します: OK 変更を保存してダイアログを閉じます。
    4. インストール チャールズ SSL証明書。 メニューから選択します ヘルプ> SSLプロキシ>インストール チャールズ ルート証明書.
      Charles SSL証明書をインストールする
      インストール チャールズ SSL証明書
    5. の中に 証明書を追加する ダイアログ、選択 追加.
      Charles SSL証明書を追加する
      追加 チャールズ SSL証明書
    6. キーチェーンアクセス 開くでしょう。 証明書リストから、 チャールズ プロキシ... 証明書 ダブルクリックすると詳細情報が表示されます。

      キーチェーンアクセス
      キーチェーンアクセス
    7. 拡大する 信頼 セクション。 のために この証明書を使用するとき オプション、選択 常に信頼する.
      信頼証明書
      信頼証明書
    8. 証明書ウィンドウを閉じて、管理者パスワードを入力して設定を更新します。
    9. SSLプロキシを有効にします チャールズ。 メニューから、 プロキシ> SSLプロキシ設定。 その SSLプロキシを有効にする オプションが選択されています。 の中に ロケーション セクションで、 追加 ボタン。
      SSLプロキシ設定
      SSLプロキシ設定
    10. の中に 場所を編集 ダイアログを開き、 ポート フィールドと入力 443。 選択する OK この変更を保存します。
      ロケーションポート443
      ロケーションポート443
    11. 次の項目を選択します: OK を閉じる 場所を編集 ダイアログ。
      場所によるSSL設定
      場所によるSSL設定
    12. 次の項目を選択します: OK を終了する SSLプロキシ設定 ダイアログ。
    13. この時点でコンピューターを再起動して、次のことを確認することをお勧めします。 チャールズ 新しい証明書設定を取得します。
    14. キープ チャールズ 次の手順を実行するときに開きます。
    15. URLを含むページにURLを貼り付けます Brightcove Player ブラウザのアドレスバーにトラブルシューティングをしてから、 入力します ページを読み込む。
    16. 以前にエラーまたは問題を再現するために使用した手順を実行します。 チャールズ 何が起こっているかを自動的に記録します。
    17. ネットワークトラフィックが必要な場合 player 動画を再生しています。動画を開始してください。
    18. エラーを再現した後、に戻ります チャールズ。 選択する Structure のURLを表示して見つける player.
    19. 次の項目を選択します: 録音を停止.
      チャールズ・レコーディング
      チャールズ 録音を停止する
    20. 現在のセッションをファイルに保存します。
      チャールズセーブセッション
      チャールズ セッションを保存する
    21. 電子メール チャールズ 適切なサポート担当者へのセッションファイル。

    Akamaiヘッダーを追加する

    このセクションでは、あなたのリクエストにAkamaiヘッダを追加する方法を学びます。

    1. メインから チャールズ ウィンドウ、選択 BHツール その後 リライト.
      ツール書き換え
      ツール書き換え
    2. の中に 設定を書き換える ダイアログ、選択 書き換えを有効にする.
    3. という新しいSetを追加します アカマイのヘッダー.
      ヘッダを追加
      ヘッダを追加
    4. 新しいルールを追加します。
      ルールを追加する
      ルールを追加する
    5. の中に 書き換え規則 ダイアログで、 type of ヘッダーを追加.

    6. の中に 交換します セクションに、以下を追加します。

      お名前: Pragma

      値:

            akamai-x-get-request-id, akamai-x-cache-on, akamai-x-cache-remote-on,
            akamai-x-check-cacheable, akamai-x-get-cache-key, akamai-x-get-extracted-values,
            akamai-x-get-nonces, akamai-x-get-ssl-client-session-id, akamai-x-get-true-cache-key,
            akamai-x-serial-no
      ルール詳細を追加する
      ルール詳細を追加する
    7. 次の項目を選択します: OK、次いで OK.

    モバイルチャールズ

    Charlesでモバイルログをキャプチャする方法については、 モバイルデバイスのデバッグ の資料をご参照ください。


    ページの最終更新日:29年2020月XNUMX日