サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    RequireJSと Brightcove Player

    このトピックでは、JavaScriptファイルとモジュールローダーであるRequireJSの使用方法について説明します。 Brightcove Player。 RequireJSは、複数のJavaScriptスクリプトを使用する場合の依存関係の管理を支援します。 以来 Brightcove Player 独自のスクリプトがあります player index.min.js このドキュメントでは、使用するコードを提供しています Brightcove Player RequireJS実装では

    インスタンス化する Brightcove Player

    次のコードの詳細は実装 Brightcove Player RequireJSを利用するとき 3つの重要なポイント:

    1. コードは、 player コールバックが呼び出される前に初期化されます。
    2. 使用 on()play() メソッド(36〜38行目)はデモンストレーションのみを目的としており、 player。 これらのXNUMX行のコードは、使用を開始できる場所を示しているだけです。 Brightcove PlayerのAPI。
    3. 強調表示されたコードは、 Brightcove Player.
    <!doctype html>
    <html>
    
    <head>
      <meta charset="UTF-8">
      <title>Untitled Document</title>
      <style>
        .video-js {
          height: 344px;
          width: 610px;
        }
      </style>
    </head>
    
    <body>
    
      <video-js id="myPlayerID"
        data-video-id="4690057979001"
        data-account="1507807800001"
        data-player="default"
        data-embed="default"
        class="video-js"
        controls></video-js>
    
      <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/require.js/2.1.15/require.js"></script>
      <script>
        require.config({
          'paths': {
            'bc': 'https://players.brightcove.net/1507807800001/default_default/index.min'
          },
          waitSeconds: 30
        });
    
        require(['bc'], function() {
          var myPlayer = videojs.getPlayers().myPlayerID;
          myPlayer.on('loadstart', function(){
            myPlayer.play();
          })
        });
      </script>
    
    </body>
    
    </html>

    匿名モジュールの使用

    上記のコードで見たように、RequireJSを Brightcove Player v6.xaモジュールという名前 bc 創造された。 RequireJSが推奨するアプローチは、匿名のAMDモジュールを提供することです。これは、複数の Brightcove Players大幅に簡単。 デフォルトでモジュールを匿名にすることができます。 Brightcove あなたが作ることを強くお勧めします player このデフォルトにオプトインするように構成を変更し、同時にこの変更によりコンソール警告が player。 の設定 player の監視 "require_js_anonymous": true 必要な変更です。 この更新を行うためのcurlステートメントは次のようになります。

    curl \
      --header "Content-Type: application/json" \
      --user $EMAIL \
      --request PATCH \
      --data '{
        "require_js_anonymous": true
      }' \
      https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    コンソールの警告を削除したいが匿名のRequireJSモジュールにオプトインしない場合は、 "require_js_anonymous": false ここに示すように、

    curl \
      --header "Content-Type: application/json" \
      --user $EMAIL \
      --request PATCH \
      --data '{
        "require_js_anonymous": false
      }' \
      https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    見ます ステップバイステップ: Player 運営 curlを使用して変更する方法の詳細については、ドキュメント playerの設定。


    ページの最終更新日:28年2020月XNUMX日