サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    概要:コンテンツ保護

    このドキュメントでは、コンテンツ保護の概要について説明します。 Brightcove Player.

    DRM

    DRM(Digital Rights Management)は、ビデオデータを暗号化し、ライセンスポリシーに基づいてロック解除することにより、ビデオコンテンツを保護します。 ビデオコンテンツが Brightcove Player player ライセンスサーバーにコールバックし、ビデオを再生する権限を取得します。 このトランザクションは、視聴者に対して透過的です。 を参照してください 概要:デジタル著作権管理(DRM)の Video Cloud 詳細はドキュメント。

    HLS暗号化(HLSe)

    HLS暗号化はDRMほど安全ではありませんが、ビデオの不正な閲覧をより困難にします。 見る HLS暗号化による動画の保護 HLSeの仕組みやアカウントを有効にする方法の詳細については、こちらをご覧ください。

    ジオフィルタリング

    ジオフィルタリングをコンテンツ保護に使用できます。 を参照してください ビデオ可用性の設定 ジオフィルタする方法については、ドキュメントを参照してください Video Cloud ビデオと ジオフィルタリングメッセージング ジオフィルタリングエラーの処理方法に関するドキュメント Brightcove Player.

    TTL(トークン認証)

    プレミアムコンテンツまたは機密コンテンツを配信する場合は、すべての方法が安全であることを確認することになります。 エンドユーザーが適切な許可なしにビデオURLをコピーしたり、コンテンツの再生を継続できるようにする必要はありません。 Brightcove HLS、MP4、およびDASH URLのVOD署名をサポートします。 署名は両方でサポートされています Brightcove Akamai、Fastly、Cloudfront、およびJOCDNを使用したハウスとBYOのCDN設定。

    デフォルトでは、TTLトークンの寿命は非常に短いです。 必要に応じて寿命を延ばすことができます(MRSSフィードおよびその他のユースケースの場合)。 接触する Brightcove サポート トークンの生存期間の値をより高く設定するようにします。 許容範囲は1時間から1年です。 ただしこれはアカウントの設定であることに注意してください。 値を高く設定しないと、他の動画のセキュリティが危険にさらされる可能性があります。

    ドメインの制限

    ドメイン制限を設定できます playersドメインを制限する playersを使用できます。 もし player パブリッシングコードがコピーされ、別のサイトで使用される場合、ドメイン制限により、 player 動画の読み込みから。 パブリッシャーは、ページはめ込み埋め込みコードを使用して、ホワイトリストに登録されているドメインで再生を実際に機能させる必要があります。 パブリッシャーは、ホワイトリストに登録されたドメイン(またはその他のドメイン)でiframe埋め込みコードを使用できず、再生が正しく機能することを期待できます。

    見ます 設定 Player コンテンツ制限 ドメインを制限する方法についてのドキュメント player と ドメイン制限メッセージング ドメイン制限エラーの処理方法に関するドキュメント Brightcove Player.

    IP制限

    IP制限により、以下を構成できます。 players米国外のホワイトリストに登録されたIPアドレスからのアクセスを許可する Video Cloud コンテンツ。 カスタマーサポートにお問い合わせください。 ために players IP制限のある北米以外で使用される場合は、必ず IPアドレスによるビデオ再生の制限 発生する可能性のある問題を防止します。


    ページの最終更新日:29年2020月XNUMX日