サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    概要:HTTPSのサポート

    このトピックでは、HTTPSを有効にする手順について説明します。 Brightcove Player.

    なぜHTTPSをサポートするのですか?

    HTTPSのサポートが必要な理由について、まず説明しましょう。

    • ソーシャル共有サイトはそれを必要とします。 TwitterおよびFacebookでは、ビデオを表示するために一定レベルのHTTPSサポートが必要です player.
    • ブラウザのロックをそのままにする。 HTTPS上にサイトの全部または一部がある場合は、「ブラウザのロック」をそのままにしておくことをお勧めします。 完全なHTTPSサポートがないと、ブラウザのロックが壊れてしまいます。
    • 維持する player ワーキング。 ブラウザは、HTTPSを使用するサイトにHTTPコンテンツをロードすることをますます拒否します。 したがって、ビデオ player HTTPSのサポートがないため、読み込まれないか、機能が不足します。 働いている player 現在の特定の問題でもありました player ドメイン制限が使用されている場合。

    HTTPSの有効化

    HTTPSを有効にするには Brightcove Player、次の操作を行う必要があります。

    HTTPSを player

    • iframe実装の場合、ページがHTTPS経由でロードされていることを確認してください。 以下の例では、 player's src プロパティはプロトコル相対URLを使用します。 この意味は player■HTTPSページに埋め込まれたものはHTTPS経由でロードされます。
      <iframe src='//players.brightcove.net/1752604059001/default_default/index.html?videoId=4029697544001' allowfullscreen webkitallowfullscreen mozallowfullscreen></iframe>
    • ページはめ込みの実装では、ページがHTTPS経由で読み込まれていることを確認します。 以下の例では、 playerのJavaScriptファイルには src プロトコル相対URLを使用するプロパティ。 したがって、 player■HTTPSページに埋め込まれたものはHTTPS経由でロードされます。
      <video-js
        data-video-id="4029697544001"
        data-account="1752604059001"
        data-player="default"
        data-embed="default"
        class="video-js" controls></video-js>
      <script src="//players.brightcove.net/1752604059001/default_default/index.min.js"></script>

    HTTPS経由でコンテンツを配信する

    すべてのVODコンテンツがHTTPS経由で配信されていることを確認してください。

    •   Video Cloud すべてのコンテンツはHTTPS経由で自動的に配信されます。
    • BYOアカウントの場合は、プロバイダに連絡してカスタマーサポートにフォローアップする必要があります。

    HTTPS経由でライブストリームを配信する

    リモートアセットURLがHTTPSを使用していることを確認します。 例えば:

    "https://livedelivery-lh.akamaihd.net/i/mylivestream_1@146180/master.m3u8"

    ページの最終更新日:28年2020月XNUMX日