サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    ビデオSEOスキーマジェネレータプラグイン

    このトピックでは、SEOのビデオスキーマを生成するプラグインの使い方を学びます。

    賃貸システムの概要

    このドキュメントで詳述されているプラ​​グインはあなたのビデオのSEOメタデータを追加します。 Brightcove Player。 Googleが動画に対して表示する結果の例を次に示します。

    構造化データビデオの結果

    構造化データの検証についての詳細は、後の文書で確認できます。 Googleの構造化データテストツール の項目を検索します。

    プラグインをインストールする

    このプラグインは、カスタムプラグインと同じようにインストールされます。 以下は、プラグインを使用して追加する手順です Studio そしてコードで。

    を使用したインストール PLAYERSモジュール

    1. Video Cloud Studioで PLAYERS モジュールと新しいのいずれかを作成します player または見つけます player プラグインを追加する場所。
    2. リンクをクリックすると player を開く playerのプロパティ。
    3. ナビゲーションヘッダーの プラグイン 左側のナビゲーションメニュー。
    4. 次にクリック プラグイン XNUMXつのオプションから。
      プラグインを選択
    5. から プラグインを追加する select カスタムプラグイン.
    6.   プラグイン名 入力します schema.
    7.   JavaScriptを URL、入力:
      https://cdn.jsdelivr.net/npm/videojs-schema/dist/videojs-schema.min.js
    8. いいえ CSS URLが必要です。
    9. この特定の実装では、このプラグインにオプションを入力する必要はありません。
    10. ナビゲーションヘッダーの 保存.
    11. 公開するには player、クリック 公開と埋め込み>変更の公開.
    12. 開いているダイアログを閉じるには、 閉じる.

    コードを使用してインストールする

    シングル用プラグインをインストールしたい場合 player コードを使用する場合は、次のコードをガイドとして使用してください。

    <video id="myPlayerID"
    data-video-id="5796745147001"
    data-account="1507807800001"
    data-player="default"
    data-embed="default"
    data-application-id
    class="video-js"
    controls
    width="640"
    height="360"></video>
    <script src="//players.brightcove.net/1507807800001/default_default/index.min.js"></script>
    
    <script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/videojs-schema/dist/videojs-schema.min.js"></script>
    
    <script>
    videojs.getPlayer('myPlayerID').ready(function() {
    var myPlayer = this;
    myPlayer.schema();
    });
    </script>

    Googleのリッチリザルトテストツール

    プラグインがインストールされたら、ビデオを Brightcove Player 構造化データが正しいことを確認するためにテストできます。 Googleが提供する リッチリザルトツール。 そのページでは、あなたが含まれているページのURLを入力するように求められます player デスクトップまたはスマートフォンクライアントに基づいてテストすることを選択します。

    リッチリザルトUI

    ページのURLを入力してをクリックした後 テストURLデータにエラーがある場合は表示されます。

    豊富なテスト結果

    結果は、ページが合格したかどうかを示しますが、追加の有益な情報も提供します。 たとえば、ビデオ情報をクリックしてビデオ情報を展開します。

    豊富なテストビデオ情報
    豊富なテストビデオ情報

    使用したスキーマ

    このプラグインは、 Video Cloud としてページにビデオイン Schema.org 構造化データ JSON-LDフォーマットを使用 ビデオSEOのためにGoogleによってサポートされる:

    <script type="application/ld+json">
    {
    "@context":"http://schema.org/",
    "@type":"VideoObject",
    "name":"Big Buck Bunny",
    "description":"(c) copyright 2008, Blender Foundation / www.bigbuckbunny.org",
    "thumbnailUrl":"https://cf-images.eu-west-1.prod.boltdns.net/v1/static/906043040001/f7d56300-ffca-460d-8ff6-fef835c12b36/e284fdba-d15a-422f-bebc-6a355e3d4dd3/1280x720/match/image.jpg",
    "uploadDate":"2016-10-20",
    "@id":"http://players.brightcove.net/906043040001/5WnZb7ptr_default/index.html?videoId=ref:bunnyfull",
    "duration":"PT10M35S",
    "embedUrl":"http://players.brightcove.net/906043040001/5WnZb7ptr_default/index.html?videoId=1401169490001"
    }
    </script>

    プラグインオプション

    このプラグインで使えるオプションは6つあります。

    • schemaId:として使用する値 @id メタデータ内。 これは動画を表す一意のURIである必要がありますが、必ずしも「実際の」URLである必要はありません。 これは任意であり、次のような値になります。
      • https://mydomain.com/videos/{id}
      • https://videos.mydomain.com#{id}
      • https://mydomain.com/article-about-video-{id}#the-video

      以下はマクロとして認められています。

      • {id}
      • {referenceId}
      • {playerId}
      • {embedId}
      • {アカウントID}

      デフォルトのURIは次のようになります。

      https://players.brightcove.net/{accountId}/{playerId}_{embedId}/index.html?videoId={id}
    • keywords:もし trueキーワードとしてタグを含める。 デフォルトは false.
    • excludeTags:キーワードとして含めないタグの配列、例えば ["youtubesync"].
    • baseObjectオプション ビデオ固有のメタデータを構築するプロパティのオブジェクト。 たとえば、これを使用して発行者オブジェクトを含めることができます。
      "baseObject": {
        "publisher": {
          "@type": "Organization",
          "name": "Publisher name",
          "logo": {
            "@type": "ImageObject",
            "url": "https://example.com/logo.jpg",
            "width": 600,
            "height": 60
          }
        }
      }
    • includeEmbedUrl:もし false、埋め込みURLは含まれていません。 このURLを含めることは検索エンジンによって期待されるかもしれません。 デフォルトは true.
    • preferLongDescription:もし true可能であれば、長い説明を使用してください。 もし falseまたは true 長い説明が設定されていない場合は、(短い)説明フィールドが使用されます。 デフォルトは false.

    ページの最終更新日:28年2020月XNUMX日