サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    賃貸システムの概要

    で設定できるプロパティ player 構成は、以下で詳しく説明されています(左のナビゲーションにもリストされています)。 アカウントID。 また、この文書には、プロパティー値の表示および構成方法に関する情報も含まれています。

    設定を表示

    を表示するには多くの方法があります playerこのセクションで詳しく説明するの設定。

    使い方 Studio

    あなたが使用することができます Studio 表示する playerのJSON設定。 次の手順でプロセスを詳しく説明します。

    1. Video Cloud Studioで PLAYERS モジュールを見つけて、 player 構成を表示する必要があります。
    2. リンクをクリックすると player を開く playerのプロパティ。
    3. ナビゲーションヘッダーの JSONエディタ 左側のナビゲーションメニュー。
    4. あなたが見ることができます player次のような構成:
      JSONエディタ

    を使用したブラウジング config.json

    新しい Brightcove playerの設定はJSONファイルに保存されます。 このJSONファイルまたはその一部は、いくつかの方法で表示できます。

    を表示するXNUMXつの方法 player 構成は、 playerの末尾がからのURL index.html 〜へ config.json 例えば:

      http://players.brightcove.net/1507807800001/HJyMlHiuZ_default/config.json

    のプロパティの一部 player 構成では、以下を定義します。

    • の名前とバージョン player
    • ビデオ player 再生します
    • のアカウント player 所属
    • playerのID
    • プラグイン player プラグインコードの場所のURLと同様に使用できます
    • ビデオ再生の前に表示するポスター

    例 player 構成ファイル、 player ステップバイステップから: Player 管理は次のとおりです。

      {
          "player": {
            "template": {
              "version": "0.9.5",
              "name": "single-video-template"
            }
          },
          "media": {
            "poster": {
              "highres": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/images/Tiger.jpg"
            },
            "sources": [{
              "type": "application/x-mpegURL",
              "src": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/videos/Tiger.m3u8"
            }, {
              "type": "video/mp4",
              "src": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/videos/Tiger.mp4"
            }]
          },
          "scripts": [
            "http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.js"
          ],
          "stylesheets": [
            "http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.css"
          ],
          "plugins": [{
            "name": "firstPlugin"
          }],
          "account_id": "1507807800001",
          "player_id": "54ade2f3-3b51-4a6b-bc87-32b9a0b81384",
          "embed_id": "default"
      }
      {
          "media": {
            "poster": {
              "highres": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/images/Tiger.jpg"
            },
            "sources": [{
              "type": "application/x-mpegURL",
              "src": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/videos/Tiger.m3u8"
            }, {
              "type": "video/mp4",
              "src": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/videos/Tiger.mp4"
            }]
          },
          "video_cloud": {
            "video": "4093372393001",
            "policy_key": "BCpkADawqM2FnBS3InxzDxU4bd4otJdHKvexlXfhs_XgSj3jmBHAsV2xANIvSPd4KiakMbiQM5oYJPopOcJD7vNnPWGPGsnXCO3_ZGdjPmur53WV_a4JUPWHCLt5oiyekN44i24jZzHMB6hT"
          },
          "player": {
            "template": {
              "name": "single-video-template",
              "version": "6.5.0"
            }
          },
          "scripts": ["http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.js"],
          "stylesheets": ["http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.css"],
          "plugins": [{
            "name": "firstPlugin"
          }]
      }

    と近づきになります $PLAYER_ID/configuration 終点

    ちょうど表示された同じ情報をHTTPを使用して取得できます GET 方法。 使用 GET /$PLAYER_ID/configuration エンドポイントを取得することができます 公表 player's 構成情報。 curlステートメントの例を示します。取得されたJSONがここに表示されます。

      curl \
      --header "Content-Type: application/json" \
      --user $EMAIL \
      --request GET \
      https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration
      {
          "player": {
            "template": {
              "version": "0.9.5",
              "name": "single-video-template"
            }
          },
          "media": {
            "poster": {
              "highres": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/images/Tiger.jpg"
            },
            "sources": [{
              "type": "application/x-mpegURL",
              "src": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/videos/Tiger.m3u8"
            }, {
              "type": "video/mp4",
              "src": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/videos/Tiger.mp4"
            }]
          },
          "scripts": ["http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.js"],
          "stylesheets": ["http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.css"],
          "plugins": [{
            "name": "firstPlugin"
          }]
      }
      {
          "media": {
            "poster": {
              "highres": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/images/Tiger.jpg"
            },
            "sources": [{
              "type": "application/x-mpegURL",
              "src": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/videos/Tiger.m3u8"
            }, {
              "type": "video/mp4",
              "src": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/videos/Tiger.mp4"
            }]
          },
          "video_cloud": {
            "video": "4093372393001",
            "policy_key": "BCpkADawqM2FnBS3InxzDxU4bd4otJdHKvexlXfhs_XgSj3jmBHAsV2xANIvSPd4KiakMbiQM5oYJPopOcJD7vNnPWGPGsnXCO3_ZGdjPmur53WV_a4JUPWHCLt5oiyekN44i24jZzHMB6hT"
          },
          "player": {
            "template": {
              "name": "single-video-template",
              "version": "6.5.0"
            }
          },
          "scripts": ["http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.js"],
          "stylesheets": ["http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.css"],
          "plugins": [{
            "name": "firstPlugin"
          }]
      }

    GETメソッド $PLAYER_ID 終点

    HTTP GET 使用されるメソッド /$PLAYER_ID エンドポイントは完全を取得する方法です player 情報。 このアプローチは、 player 今見た設定。 このエンドポイントは、「XNUMXレベル上の」構成情報を示し、プレビューと公開の両方の現在の構成情報が含まれていると考えることができます。 player バージョン。 curlステートメントの例と取得されたJSONを次に示します。

      curl \
      --header "Content-Type: application/json" \
      --user $EMAIL \
      --request GET \
      https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID
      {
          "id": "HJyMlHiuZ",
          "name": "Video Cloud CURL 10 March",
          "branches": {
            "preview": {
              "configuration": {
                "plugins": [{
                  "name": "firstPlugin"
                }],
                "stylesheets": ["http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.css"],
                "scripts": ["http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.js"],
                "player": {
                  "template": {
                    "version": "6.5.0",
                    "name": "single-video-template"
                  }
                },
                "video_cloud": {
                  "policy_key": "BCpkADawqM2FnBS3InxzDxU4bd4otJdHKvexlXfhs_XgSj3jmBHAsV2xANIvSPd4KiakMbiQM5oYJPopOcJD7vNnPWGPGsnXCO3_ZGdjPmur53WV_a4JUPWHCLt5oiyekN44i24jZzHMB6hT",
                  "video": "4093372393001"
                },
                "media": {
                  "sources": [{
                    "src": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/videos/Tiger.m3u8",
                    "type": "application/x-mpegURL"
                  }, {
                    "src": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/videos/Tiger.mp4",
                    "type": "video/mp4"
                  }],
                  "poster": {
                    "highres": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/images/Tiger.jpg"
                  }
                }
              },
              "video_cloud": {
                "aspect_ratio_height": "9",
                "aspect_ratio_width": "16",
                "video_id": "4093372393001",
                "poster_image_url": "http://brightcove.vo.llnwd.net/e1/pd/1507807800001/1507807800001_4093546643001_7c09c5bb-7643-414d-81da-847a7e5e3654-AWSAccessKeyId-AKIAJWBBMGHEBQ6SISMA-Expires-1425580379-Signature-h4xCk8Zf9xH-2Be779r9ltwGI7Jzg-3D-vs.jpg?pubId=1507807800001&videoId=4093372393001"
              },
              "updated_at": "2017-08-23T18:09:52.590Z",
              "template_updated_at": "2017-08-23T17:48:55.615Z",
              "preview_url": "http://preview-players.brightcove.net/v1/accounts/1507807800001/players/HJyMlHiuZ/preview/embeds/default/master/index.html"
            },
            "master": {
              "configuration": {
                "media": {
                  "poster": {
                    "highres": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/images/Tiger.jpg"
                  },
                  "sources": [{
                    "type": "application/x-mpegURL",
                    "src": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/videos/Tiger.m3u8"
                  }, {
                    "type": "video/mp4",
                    "src": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/videos/Tiger.mp4"
                  }]
                },
                "video_cloud": {
                  "video": "4093372393001",
                  "policy_key": "BCpkADawqM2FnBS3InxzDxU4bd4otJdHKvexlXfhs_XgSj3jmBHAsV2xANIvSPd4KiakMbiQM5oYJPopOcJD7vNnPWGPGsnXCO3_ZGdjPmur53WV_a4JUPWHCLt5oiyekN44i24jZzHMB6hT"
                },
                "player": {
                  "template": {
                    "name": "single-video-template",
                    "version": "6.5.0"
                  }
                },
                "scripts": ["http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.js"],
                "stylesheets": ["http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.css"],
                "plugins": [{
                  "name": "firstPlugin"
                }]
              },
              "video_cloud": {
                "poster_image_url": "http://brightcove.vo.llnwd.net/e1/pd/1507807800001/1507807800001_4093546643001_7c09c5bb-7643-414d-81da-847a7e5e3654-AWSAccessKeyId-AKIAJWBBMGHEBQ6SISMA-Expires-1425580379-Signature-h4xCk8Zf9xH-2Be779r9ltwGI7Jzg-3D-vs.jpg?pubId=1507807800001&videoId=4093372393001",
                "video_id": "4093372393001",
                "aspect_ratio_width": "16",
                "aspect_ratio_height": "9"
              },
              "updated_at": "2017-08-23T18:10:11.843Z",
              "template_updated_at": "2017-08-23T17:48:55.622Z",
              "preview_url": "http://preview-players.brightcove.net/v1/accounts/1507807800001/players/HJyMlHiuZ/master/embeds/default/master/index.html"
            }
          },
          "created_at": "2017-08-23T17:48:55.615Z",
          "accountId": "1507807800001",
          "embed_count": 1,
          "url": "http://players.brightcove.net/1507807800001/HJyMlHiuZ_default/index.html"
      }
      {
          "account_id": "1507807800001",
          "branches": {
            "preview": {
              "configuration": {
                "plugins": [{
                  "name": "firstPlugin"
                }],
                "stylesheets": ["http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.css"],
                "scripts": ["http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.js"],
                "player": {
                  "template": {
                    "version": "1.5.0",
                    "name": "single-video-template"
                  }
                },
                "video_cloud": {
                  "policy_key": "BCpkADawqM3ClR-sni6Tc0sFppBHaE91MRyLjE8kUwQjOkXjmK-b2R9fN3IuOnRf_4uuV2LSFwT3eeKUxgYU75eT0c20JEnUKpKU6L-oyjn81zE_P1NF0HJBZiyXyqtHcAdvTpTb29d4S-BH",
                  "video": "3495887198001"
                }
              },
              "video_cloud": {
                "aspect_ratio_height": "14",
                "aspect_ratio_width": "25",
                "video_id": "3495887198001",
                "poster_image_url": "http://brightcove.vo.llnwd.net/e1/pd/1507807800001/1507807800001_3495968128001_humbles-scrappy-statue2-vs.jpg?pubId=1507807800001"
              },
              "updated_at": "2014-10-23T14:33:21.107Z",
              "preview_url": "http://preview-players.brightcove.net/v1/accounts/1507807800001/players/a90a8479-9831-46f6-9eab-90efc7fb9c6b/preview/embeds/default/master/index.html"
            },
            "master": {
              "configuration": {
                "video_cloud": {
                  "video": "3495887198001",
                  "policy_key": "BCpkADawqM3ClR-sni6Tc0sFppBHaE91MRyLjE8kUwQjOkXjmK-b2R9fN3IuOnRf_4uuV2LSFwT3eeKUxgYU75eT0c20JEnUKpKU6L-oyjn81zE_P1NF0HJBZiyXyqtHcAdvTpTb29d4S-BH"
                },
                "player": {
                  "template": {
                    "name": "single-video-template",
                    "version": "1.5.0"
                  }
                },
                "scripts": ["http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.js"],
                "stylesheets": ["http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.css"],
                "plugins": [{
                  "name": "firstPlugin"
                }]
              },
              "video_cloud": {
                "poster_image_url": "http://brightcove.vo.llnwd.net/e1/pd/1507807800001/1507807800001_3495968128001_humbles-scrappy-statue2-vs.jpg?pubId=1507807800001",
                "video_id": "3495887198001",
                "aspect_ratio_width": "25",
                "aspect_ratio_height": "14"
              },
              "updated_at": "2014-10-23T14:33:41.201Z",
              "preview_url": "http://preview-players.brightcove.net/v1/accounts/1507807800001/players/a90a8479-9831-46f6-9eab-90efc7fb9c6b/master/embeds/default/master/index.html"
            }
          },
          "id": "a90a8479-9831-46f6-9eab-90efc7fb9c6b",
          "name": "1031+on+Oct+23",
          "created_at": "2014-10-23T14:32:21.384Z",
          "embed_count": 1,
          "url": "http://players.brightcove.net/1507807800001/a90a8479-9831-46f6-9eab-90efc7fb9c6b_default/index.html"
      }

    名前/説明の設定

    を変更するには player 使用する構成 /$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration それはこの文書の重点である。 ただし、2つのプロパティを変更するだけで /$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID 終点。 これらの2つの特性は namedescription.

    注: name あなたは入る player として返されます player_name あなたが置くことによって構成を得るとき config.json の終わりに player プレビューURL(それは name あなたが Player Management API。 しかし、あなたは name を作成または更新するとき player.

    最初のコードブロックは、 player's namedescription。 JSON応答は、 player PATCHメソッドによって生成されるため、公開する必要があります。 player 最適化されたバージョンを取得します。

      curl \
      --header "Content-Type: application/json" \
      --user $EMAIL \
      --request PATCH \
      --data '{
        "name": "My New Player Name",
        "description": "My new player description"
      }' \
      https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration
      {
          "id": "62da9b4d-b8aa-45d5-ba46-f77eac9c9059",
          "preview_url": "http://preview-players.brightcove.net/v1/accounts/1507807800001/players/62da9b4d-b8aa-45d5-ba46-f77eac9c9059/preview/embeds/default/master/index.html",
          "preview_embed_code": "<iframe src='//preview-players.brightcove.net/v1/accounts/1507807800001/players/62da9b4d-b8aa-45d5-ba46-f77eac9c9059/preview/embeds/default/master/index.html' allowfullscreen webkitallowfullscreen mozallowfullscreen></iframe>"
      }

    設定値

    設定できます player HTTPメソッド呼び出しを発行する任意のツールを使用するか、または JSONエディタ の一部です Studio's PLAYERS モジュール。 カールツールを使用することができます。 ステップバイステップ: Player 運営 およびAJAXの使用については、 Brightcove Player 例.

    を使用した変更例 JSONエディタ ここに示されています:

    JSONエディタ Brightcove Player ブランド設定

    編集後は必ず変更を保存してください playerのJSON設定。

    プロパティの設定

    一部の構成プロパティは、 Player 管理サービスは変更できません。 それらは:

    • アカウントID
    • player_id
    • 埋め込みID

    以下に詳述する他のすべてのプロパティは変更可能です。

    プロパティの詳細は以下のとおりです。 特定のプロパティにすばやくアクセスするには、以下のリストを使用します。

    アカウントID

    Video Cloud に関連付けられているアカウントID player。 この値 変更することはできません.

    ad_config_id

    ad_config_id 情報:

    • データ型:文字列
    • デフォルト: undefined
    • Dynamic Delivery SSAI広告構成ID。 に設定されていることに加えて player 構成、それは実行時にiframeのadConfigIdクエリ文字列パラメーターを介して設定できます。 playersまたはページはめ込みのdata-ad-config-id属性 players。 これらのいずれかは、 player 構成。

    ad_failover

    ad_failover 情報:

    • データ型:boolean
    • デフォルト: undefined
    • 広告フェイルオーバー動作を有効にするには、trueに設定します。 これは、以下に依存するマルチパート構成です。
      • IMA3とSSAIの両方のプラグインを player.
      • An ad_config_id SSAI広告は利用できません。

    アプリケーションID

    application_id 情報:

    • データ型:文字列
    • デフォルト: undefined
    • アプリケーションIDは、単一の複数の用途を区別するために使用されます player メトリック。 ユーザーには見えません。

    オートアドバンス

    autoadvance 情報:

    • データ型:文字列
    • デフォルト:最初は有効になっていません
    • プレイリストとともに使用され、プレイリストの自動補足動作を設定します。

    詳細については参照してください プレイリスト 下のセクション、および プレイリストAPI の資料をご参照ください。

    自動再生

    autoplay 情報:

    • データ型:ブール値または文字列
    • デフォルト: false
    • を示します player これが許可されているプラ​​ットフォームでは、すぐに再生を開始する必要があります。

    If autoplay ブラウザのネイティブ自動再生動作が使用されるブール値に設定されます。 次の3つの有効な文字列値のいずれかに設定されていると、次のことが起こります。

    • play: player 手動でplayを呼び出そうとします。
    • muted: player 手動でミュートします player プレイを呼び出します。
    • any: player 最初にplayを呼び出そうとします。 それが失敗した場合は、 player プレイを呼び出します。

    上記のいずれかが失敗した場合、 player 自動再生がfalseに設定されているかのように、「大きな再生ボタン」が表示されます。

    次の例は、 autoplay 値:

    ブール値を使用する例

      curl \
        --header "Content-Type: application/json" \
        --user $EMAIL \
        --request PATCH \
        --data '{
          "autoplay": true
          }' \
      https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    文字列値を使用する例

      curl \
        --header "Content-Type: application/json" \
        --user $EMAIL \
        --request PATCH \
        --data '{
          "autoplay": "muted"
          }' \
      https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    動画を自動再生することは複雑な状況になります。 を参照してください 自動再生に関する考慮事項 ドキュメントを参照してください。

    base_url(IP制限の問題の場合)

    IP制限を使用すると問題が発生する可能性があります。 Brightcove Player北アメリカ以外で使用されています。 とき Brightcove Player から動画を読み込むように求められます Video Cloud アカウントでは、このアドレスのカタログに接続しますhttps://edge.api.brightcove.com/playback/v1/.

    そのEdgeエンドポイントは、IP制限の問題を引き起こすような動作をします。

    • Edge In北米からEdgeを押すと、Edgeに直接アクセスし、EdgeはユーザーのIPアドレスを表示します。 IP制限ホワイトリストに従ってカタログへのアクセスを許可または拒否できます。 これは望ましい機能です。
    • OUTSIDE北米からEdgeを打つと、ロードバランシング/ローカルキャッシュCDNの理由でCloudfrontを経由します。 Cloudfrontをホワイトリストに載せていないので、Cloudfrontを使用している人は誰でもアクセスできるため、EdgeはユーザーのIPの代わりにCloudfront IPを見て、誰もを拒否するため、重要です。

    この問題を解決するには、 player 代替のEdgeエンドポイントを使用するには、 edge-elb.api.brightcove.com。 この変更は、 player 北米以外からIP制限付きアカウントにアクセスする必要がある。

    実際の構成変更には、 Video Cloud base_url。 IP制限を使用する場合にのみ変更してください。 Brightcove Players北米以外。 既存の player、次のcurlコマンドを使用します。 PATCH HTTPメソッド(環境変数の代わりにデータを使用する必要があります $EMAIL, $ACCOUNT_ID$PLAYER_ID):

      curl
      --header "Content-Type: application/json"
      --user $EMAIL
      --request PATCH
      --data '{
          "video_cloud": {
        "base_url": "https://edge-elb.api.brightcove.com/playback/v1/"
          }
        }'
      https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    カールするのが初めての方は、次の文書を参考にしてください。

    ブレークポイント

    breakpoints 情報:

    • データ型:オブジェクト
    • デフォルト:デフォルトのブレークポイントは次のとおりです。
    • と一緒に使用する場合 反応する オプション。クラス名を切り替える方法を構成するブレークポイントを設定します。 player に基づいてUIを調整します playerの寸法。
      クラス名 幅の範囲
      vjs-layout-tiny 0-210
      vjs-layout-x-small 211-320
      vjs-layout-small 321-425
      vjs-layout-medium 426-768
      vjs-layout-large 769-1440
      vjs-layout-x-large 1441-2560
      vjs-layout-huge 2561以上

    クラス名は変更できませんが、幅の範囲は次のようなオブジェクトで設定できます。

      breakpoints: {
        tiny: 300,
        xsmall: 400,
        small: 500,
        medium: 600,
        large: 700,
        xlarge: 800,
        huge: 900
      }
    • ブレークポイントオブジェクトのキーは、関連するクラス名から、 vjs-layout- 接頭辞とany - 文字。
    • ブレークポイントオブジェクトの値は、範囲の最大幅を定義します。
    • すべてのキーを定義する必要はありません。 キーと値のペアをXNUMXつ持つオブジェクトを渡すことで、XNUMXつのブレークポイントを簡単にオーバーライドできます。 カスタマイズされたブレークポイントは、デフォルトのブレークポイントとマージされます。 player 創造された。

    時 playerのサイズが変更されると、マージされたブレークポイントは、一致するブレークポイントが見つかるまでサイズ順に検査されます。 そのブレークポイントの関連クラス名は、クラスとしてクラスに追加されます player。 以前のブレークポイントのクラスは削除されます。

    クロスオリジン

    crossorigin 情報:

    • データ型:boolean
    • デフォルト:false
    • If true、根底にある の<video> 要素は crossorigin = "anonymous"。 つまり、動画やテキストトラックが player CORSヘッダーが必要です。

    CSSの色のオーバーライド

    の色を上書きするために使用できるXNUMXつのプロパティがあります。 player。 それらは:

    • controlColor:ボタンとテキストの色(再生ヘッドの位置とビデオの持続時間など)
    • controlBarColor:コントロールバーの背景色と大きい再生ボタン
    • progressColor:プログレスバーの色

    これらのプロパティには、有効なCSSカラー(16進数など)が使用できます。

    次の3つのCSSプロパティをすべて緑色に設定し、結果を表示するスクリーンショットを設定するcurlステートメントを示します。

      curl \
      --header "Content-Type: application/json" \
      --user $EMAIL \
      --request PATCH \
      --data '{
          "css": {
            "controlColor": "green",
            "controlBarColor": "green",
            "progressColor": "green"
          }
      }' \
      https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration
    Player CSSオーバーライドあり
    Player CSSオーバーライドあり

    デバッガ

    デバッガーは player モーダルウィンドウの情報。 を参照してください Player 情報モーダル 完全な情報については文書を参照してください。

    ドック

    dock 情報:

    • データ型:boolean
    • デフォルト:true
    • 明示的に falseplayer いわゆる ドック ビデオのタイトルと説明を表示することができます。

    埋め込みID

    embed_id 情報:

    • データ型:文字列
    • デフォルト: undefined
    • Video Cloud これに関連付けられた埋め込みID player。 値が default それは player 子供ではありません player。 値が default、それはの親を表す値です player.

    エラー

    errors 情報:

    • データ型:オブジェクトまたはブール値
    • デフォルト:true
    • 明示的に設定する false 防止します player 含むから videojs-errors、これはエラーメッセージプラグインです。 この値をfalseにすると、 player エラーが発生したときに詳細なエラーメッセージを視聴者に表示しないようにします。 再生を妨げるエラーは引き続きWeb開発者コンソールに表示されます。

    フラッシュ

    flash 情報:

    • データ型:オブジェクト
    • デフォルト: undefined
    • カスタムFlashオプションを提供するために使用できます Video.js.

    フルスクリーンコントロール

    fullscreenControl 情報:

    • データ型:boolean
    • デフォルト:true
    • コントロールバーにフルスクリーンコントロールを表示するかどうかを示します。

    次の例は、 fullscreenControl 値:

      curl \
      --header "Content-Type: application/json" \
      --user $EMAIL \
      --request PATCH \
      --data '{
        "autoplay": true,
        "fullscreenControl": false
        }' \
      https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    次のXNUMXつのスクリーンショットは、 player フルスクリーンコントロールあり/なし:

    Player フルスクリーンコントロール
    Player フルスクリーンコントロール
    Player フルスクリーンコントロールなし
    Player フルスクリーンコントロールなし

    hls

    hls 情報:

    • データ型:オブジェクトまたはブール値
    • デフォルト: {}
    • If falseplayer 含まない videojs-http-streaming。 さもなければ、オブジェクトはのためのオプションとして渡されます videojs-http-streaming.

    非アクティブ player

    作ることが可能です players非アクティブ。 これを行うには、 player コンテンツの提供を停止しますが、削除された場合は404エラーは表示されません player 閲覧されます。

    非アクティブ化するには player セット player フィールドの inactive プロパティへ true、 次のように:

      curl \
      --header "Content-Type: application/json" \
      --user $EMAIL \
      --request PATCH \
      --data '{
        "player": {
            "inactive": true
        }
      }' \
      https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    もちろん、アクティブにしたい場合 player、設定できます inactive プロパティへ false.

    一度 player ユーザーが player 次のメッセージが表示されます。

    無効化された Player
    無効化された Player

    言語

    language 情報:

    • データ型:文字列
    • デフォルト: undefined
    • 設定するために提供することができます lang の属性 <html> 要素。

    言語

    languages 情報:

    • データ型:文字列の配列
    • デフォルト: undefined
    • 指定された言語を含ませる文字列の配列にすることができます player。 有効な言語は、Video.jsに含まれているものだけです。 を参照してください ローカライズ Brightcove Player 詳細はドキュメント。

    ループ

    loop 情報:

    • 終了するとすぐにビデオを開始させます。

    メディア

    media プロパティには、次の表に示すような子プロパティがあります。

    プロパティ データ型 説明
    SRC 文字列
    • にロードする動画ファイルのURL player
    ソース オブジェクトの配列
    • 優先順位の高いソースオブジェクトの配列
    • この配列の要素は、 source 要素は
    • A source オブジェクトには2つのプロパティが必要です。 srctype
    • type 属性は、HTML5標準で指定されているように、ビデオのMIMEタイプです
    タイトル 文字列
    • の内容 <title> ページの要素
    poster.highres 文字列
    • スキンのルートディレクトリを基準にした、ポスター画像へのファイルパス
    高さ 文字列
    • ビデオの高さ
    • デフォルト値は幅に比例し、2:1アスペクト比のビデオに適しています
    文字列
    • ビデオの幅
    • デフォルト値は高さに関連しており、2:1アスペクト比のビデオに適しています
    トラック 配列

    次のJSONでは、 media 以下を含むプロパティ:

    • A poster.highres 財産
    • A ソース 2つのソースオブジェクトを含むプロパティ.1つはHLSビデオ用、もう1つはMP4ビデオ用
      "media": {
        "poster": {
          "highres": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/images/Tiger.jpg"
        },
        "sources": [{
          "type": "application/x-mpegURL",
          "src": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/videos/Tiger.m3u8"
        }, {
          "type": "video/mp4",
          "src": "http://solutions.brightcove.com/bcls/assets/videos/Tiger.mp4"
        }]
      },

    再生用に選択されるソースは、設定したビデオの順序と、ブラウザとデバイスの機能によって決定されます。 player が読み込まれます。 デフォルトを変更しておらず、HLSがネイティブでサポートされている場合、 player ソースのいずれかがHLSビデオを指しているかどうかをチェックし、最初に見つけたビデオを選択します。 HLSがネイティブでサポートされていない場合、またはHLSビデオソースが指定されていない場合は、次にHTML再生が試行されます。 以前と同様に、最初の再生可能なソースが選択されます。 ビデオを再生する最初のXNUMXつの試行が失敗した場合、Flashフォールバックが試行されます。

    要約すると、プレイオーダーはあなたの好みの再生メディアを指定し、各設定されたオプションは利用可能なすべてのソースを試し、再生方法を知っている最初のものを使います。

    どのソースが再生中であるかは、 currentSrc() 関数。 次のスクリーンショットは、ブラウザコンソールでこの機能を使用する方法を示しています。

    電流源
    電流源

    ミュート

    muted 情報:

    • データ型:boolean
    • デフォルト:false
    • サウンドがミュートされるかどうかを決定します player ロードする。

    picture_in_picture_control

    picture_in_picture_control 情報:

    • データ型:boolean
    • デフォルト:true
    • 組み込みのピクチャーインピクチャーコントロールをコントロールバーに表示するかどうかを示します。

    playback_rates

    playback_rates 情報:

    • データ型:配列
    • デフォルト:なし
    • 再生レートコントロールに表示する再生レートの配列。

    値が読み取られ、次に再生レートコントロールに表示されます。 playerのコントロールバー。

    再生レート

    どちらでも使えます Studio または、curlを使用してプロパティの値を変更します。

    再生レートjs​​onエディタ
      curl \
        --header "Content-Type: application/json" \
        --user $EMAIL \
        --request PATCH \
        --data '{
            "playback_rates": [0.1,1,2.5,6]
           }' \
        https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    player

    player 情報:

    • データ型:オブジェクト
    • デフォルト:を入力 player 特定の情報
    • これに関するさまざまなメタデータが含まれています player、 例えば inactivetemplate.version.

    play_button

    play_button 情報:

    • データ型:オブジェクト
    • 次のプロパティを使用して変更できます。 player 構成:
      プロパティ 種類 効果
      ホバー 文字列 glow or darken; デフォルトはピンク/プログレスカラーです
      形状 文字列 square or rectangle; デフォルトは円です
      位置 文字列 topLeft or topRight; デフォルトは中央です

    player_id

    player_id 情報:

    • データ型:文字列
    • Video Cloud player に関連付けられたID player

    player_名前

    player_name 情報:

    • データ型:文字列
    • Video Cloud player に関連付けられた名前 player -注: name あなたは入る player として返されます player_name あなたが置くことによって構成を得るとき config.json の終わりに player プレビューURL(それは name あなたが Player Management API。 しかし、あなたは name を作成または更新するとき player.

    playsinline

    playsinline 情報:

    • データ型:boolean
    • デフォルト:false
    • 有効にします player インライン再生用(一部のデバイスでの再生に必要)。

    プレイリスト

    現在、2つの異なる再生リストの実装があります プレイリストの使用 資料。 デフォルトはバージョン3です。 両方のバージョンを設定するための情報はここで詳しく説明します。

    どちらの設定でも、次の設定方法が示されます:

    • autoadvance:プレイリスト内の次のビデオをロードするまでに遅延する秒数を整数で指定します。 の価値 0 割り当てられた場合、ビデオ間の待機は発生しません。 の価値 null 自動割り当ては行われません。
    • playOnSelect:割り当て済み true そのため、プレイリストメニューのアイテムをクリックすると、ロードされたときにビデオが再生されます。 player 一時停止されました。

    プレイリストバージョン3(デフォルト)

    バージョン3プラグインを使用してプレイリストを設定するには、プラグインレジストリを使用します。 Playlistバージョン3プラグインの使用を設定するcurlステートメントを以下に示します。

      curl \
        --header "Content-Type: application/json" \
        --user $EMAIL \
        --request POST \
        --data '{
            "name": "Plugin Registry Test Player",
            "configuration": {
              "video_cloud": {
                "video": "4093372393001"
              },
              "plugins": [
                {
                  "registry_id": "@brightcove/videojs-bc-playlist-ui",
                  "version": "3.x"
                }
              ]
            }
        }' \
        https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players

    見ます プラグインレジストリ その使用法と利点についての情報が必要です。

    設定するには playOnSelectautoadvance 作成時のオプション player 以下を使用します。

      curl \
        --header "Content-Type: application/json" \
        --user $EMAIL \
        --request POST \
        --data '{
            "name": "Plugin Registry Test Player",
            "configuration": {
              "video_cloud": {
                "video": "4093372393001"
              },
              "plugins": [
                {
                  "registry_id": "@brightcove/videojs-bc-playlist-ui",
                  "version": "3.x",
                  "options": {
                    "playOnSelect": true
                  }
                }
              ],
              "autoadvance": 2
            }
        }' \
        https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players

    プレイリストバージョン1(レガシー)

    に加えて autoadvanceplayOnSelect プレイリストバージョン1の使用を設定するために使用される2つのプロパティ。 彼らです:

    • playlist:割り当て済み true 〜を持つ player プレイリストを使用します。
    • adjusted:割り当て済み true 持っている player 調整します player 再生リストの寸法。

    プレイリストに関連する3つのプロパティを設定するためのcurlステートメントを次に示します。

      curl \
      --header "Content-Type: application/json" \
      --user $EMAIL \
      --request PATCH \
      --data '{
        "playlist": true,
        "autoadvance": 2,
        "studio_configuration": {
          "player": {
            "adjusted": true,
            "height": "",
            "width": ""
          }
        }
      }' \
      https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    設定するには playOnSelect プレイリストのバージョン1では、次のcurlステートメントを使用します。

      curl \
        --header "Content-Type: application/json" \
        --user $EMAIL \
        --request PATCH \
        --data '{
             {"playOnSelect": true}
        }' \
        https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    プログラムで判断する player プレイリストが含まれています

    を含むページでJavaScriptを使用している場合 player プレイリストプラグインが使用されているかどうかを確認するには、以下を使用できます。

      player.hasPlugin('playlist')

    プレイリストプラグインの存在を確認している場合で、 player (例えば、リストをチェックするとき players(コネクタで使用する場合)、もう少し複雑なプロセスを使用する必要があります。 あなたは読むでしょう playerの設定を確認してから、 プラグイン のセクション playerのJSONには "name": "bcPlaylistUi"。 そのタスクの1つの解決策は次のとおりです。

      var theJSON = {},
        pluginAra = [],
        ifFound = [],
        theJSONString =
        '{"account_id":"1507807800001","autoadvance":0,"autoplay":false,"embed_id":"default","fullscreenControl":true,"id":"r1fbqySRZ","player":{"inactive":false,"template":{"locked":false,"name":"single-video-template","version":"6.8.3","version_alias":null}},"player_id":"r1fbqySRZ","player_name":"playlist v2 junk","playlist":true,"plugins":[{"injected_version":"2.1.2","name":"bcPlaylistUi","options":{"playOnSelect":true},"registry_id":"@brightcove/videojs-bc-playlist-ui","version":"2.x"}],"preload":"metadata","scripts":["//players.brightcove.net/videojs-bc-playlist-ui/2.1.2/videojs-bc-playlist-ui.min.js"],"studio_configuration":{"player":{"adjusted":true,"height":150,"width":300}},"stylesheets":["//players.brightcove.net/videojs-bc-playlist-ui/2.1.2/videojs-bc-playlist-ui.css"],"updated_at":"2017-10-30T18:06:07.800Z","video_cloud":{"policy_key":"BCpkADawqM2_X3Xxh3xln23EqlR3BETHrfycIPT-a7kqhBi6q8g3XOmTr3tEJiFoi_YmI7vfbJzS4mY0Un5RACc3jC8cLVqyvmfWFLI-tG5oJYGXNUrvOwRJYQEt2eVpMZnBd0FH22i7Mtk3","video":null}}';
      
      theJSON = JSON.parse(theJSONString);
      pluginAra = theJSON.plugins;
      ifFound = pluginAra.filter(function(pluginAra) {
        return pluginAra.name === "bcPlaylistUi"
      });
      if (ifFound.length === 1) {
        console.log('Contains playlist plugin');
      } else {
        console.log('No playlist');
      }

    プラグイン

    plugins プロパティは、video.jsプラグインを初期化する順序と、それらに適用するカスタマイズされた設定を指定します。 プラグインは対応する scripts プロパティのURL入力、必要に応じてサポート stylesheets URL。 それぞれの要素は plugins 配列は、 name プロパティを持ち、オプションの options プロパティ:

    • name:サポートしているJavaScriptコードから取得したvideo.jsプラグインの名前
    • options:設定のオブジェクトハッシュは、初期化時にプラグインに提供するためにオーバーライドされます

    オプションの子

    この中の options 初期化時に利用するデータを渡します。 次のJSONは、 options.

      "plugins": [{
        "name": "navigateOnVideoEnd",
        "options" : {"redirectURL": "http://docs.brightcove.com"}
      }]

    これにより、プラグインにデータを渡すことができます player 構成。 たとえば、 redirectURL 上記のオブジェクトの場合は、プラグイン自体で次の操作を行います。

      videojs.registerPlugin('navigateOnVideoEnd', function (options) {
        var myPlayer = this;
        myPlayer.on("ended", function () {
          window.location.href = options.redirectURL;
        });
      });

    注:標準のプラグイン実装を使用しますが、 options 無名関数のパラメータとして使用します。 値を使用してアクセスすることができます options.propertyName 表記

    一部 Brightcove 提供されるプラグインはプラグインのレジストリを使用し、設定はここに示すものとは異なります。 を参照してください 概要:プラグインレジストリ 詳細な情報については、

    プリロード

    preload 情報:

    • データ型:文字列
    • デフォルト: none
    • プリロード属性は、ビデオタグがロードされるとすぐにビデオデータのダウンロードを開始するかどうかをブラウザに通知します。 オプションは次のとおりです。 オート, メタデータおよび なし.
    • オート:ユーザーが最終的にビデオを見ない場合でも、ビデオファイル全体をダウンロードできることを示します。 肯定的な側面では、視聴者がビデオを再生すると、すぐに再生を開始することができます。 負の面では、視聴者がビデオを再生しなくてもプリロード/ロードが発生するため、このオプションは帯域幅消費を増加させます。

    • メタデータ (デフォルト):ビデオのメタデータを読み込みます。メタデータには、ビデオの長さやサイズなどの情報が含まれています。 この設定では、数秒のビデオデータも読み込まれます。

    • なし:ビデオデータをプリロードしないでください。 これは、ユーザーが再生をクリックしてダウンロードを開始するまで待機します。

      <video-js preload ...>
      or
      { "preload": "auto" }

    query_string_to_window

    query_string_to_window 情報:

    クエリ文字列パラメーターからグローバル名前空間(ウィンドウ)の作成を制御するために使用されます。 これは特に埋め込みの場合に役立ちます player■GoogleのAMPコンポーネントやFacebookインスタント記事など。 クエリ文字列の解析は、 Node.jsクエリ文字列モジュール。 この構成オブジェクトを使用するには、以下のサブプロパティの少なくとも1つが必要です。 どちらも同時に使用できます。
      • お名前: query_string_to_window.target
      • データ型:文字列
      • 説明:ウィンドウに作成する宛先オブジェクト。解析されたクエリ文字列全体が入力されます。 例えば、 query_string_to_window.target 次の場合、 player 構成:
          {
          "query_string_to_window": {"target": "queryStringParams"}
          }
        次のクエリ文字列を指定します。
          ?foo=bar&nums=1&nums=2
        次のようになる window.queryStringParams グローバルオブジェクトは、 player とプラグイン:
          {
          foo: 'bar',
          nums: ['1', '2']
          }
      • お名前: query_string_to_window.globals
      • データ型:配列
      • 説明:ウィンドウオブジェクトのプロパティ名の配列。クエリ文字列にある値から読み込まれます。 既に存在する一致するプロパティ window オブジェクトまたはそのプロトタイプチェーンは設定されません。 例えば、 query_string_to_window.globals 次の場合、 player 構成:
          {
          "query_string_to_window": {
            "globals": [
              "foo",
              "nums",
              "self"
            ]
          }
          }
        次のクエリ文字列を指定します。
          ?foo=bar&nums=1&nums=2&self=not-allowed
        次のようになる window 次のプロパティが追加されたグローバルオブジェクト
          window.foo; // 'bar'
          window.nums; // ['1', '2']
          
          // Because `self` already exists on the `window` object, it will not be set
          // and a warning will be logged to the browser console.
          window.self; // window

    繰り返す

    repeat 情報:

    • データ型は boolean
    • もしプレイリストが再生を繰り返すようにします player プレイリストです player。 の最上位に設定 player 構成。

    反応する

    responsive 情報:

    • データ型:boolean
    • デフォルト: true
    • このオプションをに設定する true 原因となります player レスポンシブブレークポイントに基づいてそれ自体をカスタマイズする(参照: ブレークポイント オプション)。

    この機能が有効になっていることの詳細については、次のリリースノートを参照してください。 Brightcove Player 6.29.2.

    スクリプト

    scripts 情報:

    • データ型は、に含まれるJavaScriptファイルを参照する文字列の配列です player
    • デフォルト値なし
    • 当時 player ビルドされると、これらのファイルがダウンロードされ、結果の出力にインライン化されるため、実行時に後でフェッチする必要がありません。
    • スクリプトは指定された順序でインライン展開されるので、お互いに依存するスクリプトを安全に含めることができます

    皮膚

    skin 情報:

    • データ型:ブール値または文字列
    • デフォルト:未定義
    • その視覚スタイルのバリアントを決定します player 使用します。 この値は、グローバルにアクセス可能な bc.SKIN ブラウザのプロパティ。 以下の値を認識します。
      bc.SKIN 説明
      "黒鉛" "黒鉛" 古いを使用します Brightcove Player いくつかの互換性ハックと同様にスタイル。
      false "なし" すべて無効にします Brightcove Player スタイリング。 これは一から高度にカスタマイズされたUIに使用するオプションです。
      未定義 「ルナ」 これを残す undefined 原因となります player デフォルトのスキン(別名Luna)を使用します。

    スタイルシート

    stylesheets 情報:

    • に含める必要があるCSSファイルを参照するURL文字列の配列 player
    • 当時 player ビルドされ、追加のスタイルシートがダウンロードされ、 player 実行時にフェッチする必要がないように
    • スタイルシートは指定した順序で含まれています

    techOrder

    techOrder 情報:

    • データ型:配列
    • デフォルト:['html5'、 'flash']
    • デフォルトでは Brightcove Player 実行する ハイテクファースト ビデオを再生するためのソース/技術の組み合わせを検索するときの順序。 つまり、XNUMXつのソースとXNUMXつの技術がある場合、 player の最初の技術で各ビデオを再生しようとします techOrder 次の再生技術を試すために移動する前に、 を参照してください ガイド:再生技術 詳細はドキュメント。

    次のcurlステートメントを使用して、 techOrder デフォルトからの ['html5','flash'] 〜へ ['flash','html5']:

      curl \
        --header "Content-Type: application/json" \
        --user $EMAIL \
        --request PATCH \
        --data '{
            "techOrder": "['flash','html']"
           }' \
        https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    バージョン

    手動で設定できます player を使用したバージョン PLAYERS モジュール JSONエディタ.

    バージョン

    video_cloud

    このプロパティを使用すると、 player あなたのビデオを使用して Video Cloud 図書館。 以下のカールステートメントは、 player を使用した作成 Video Cloud 動画のID。

      curl \
      --header "Content-Type: application/json" \
      --user $EMAIL \
      --request POST \
      --data '{
          "name": "Video Cloud CURL 10 March",
          "configuration": {
            "video_cloud": {
              "video": "4093372393001"
            }
          }
        }' \
        https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players

    要求本体オブジェクトでは、 namedescription トップレベルのプロパティであり、その他のプロパティはすべてトップレベルのプロパティです。 configuration オブジェクト。 いずれかの 構成プロパティ は、 configuration あなたが作成するとき player.

    volume_orientation

    volume_orientation 情報:

    • データ型:文字列
    • デフォルト:横
    • volume_orientation プロパティは、音量レベルスライダが水平方向か垂直方向かを決定します。
      水平ボリューム
      垂直ボリューム

    どちらでも使えます Studio または、curlを使用してプロパティの値を変更します。

    ボリュームの向きを設定する
      curl \
        --header "Content-Type: application/json" \
        --user $EMAIL \
        --request PATCH \
        --data '{
            "volume_orientation": "vertical"
           }' \
        https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    vttjs

    vttjs 情報:

    • データ型:文字列
    • デフォルト:vjs.zencdn.net CDN
    • ロード元のURLを設定します vtt.js。 これは標準のVideo.jsオプションと同じです vtt.jsとして指定することができます。 Brightcove Player 使用されます vttjs 代わりにドット付きプロパティ名を使用することはできません。 Player Management API、そして他の場所で問題があるかもしれません。 オプションは data-vttjs 属性、 vttjs iframeクエリパラメータ、 vttjs セットアップオプションまたは vttjs player 構成。

    wait_for_ad_block_detect

    wait_for_ad_block_detect 情報:

    • データ型:boolean
    • デフォルト:未定義
    • に設定されている場合 trueplayer 広告ブロックの検出が決定するまで、自動初期化プロセスを遅らせます。 これは遅れるかもしれません player 最大100ミリ秒程度の初期化。 これを設定する必要はありません true 使用している場合 ad_failover どちらの場合も遅延動作が発生します。

    ページの最終更新日:28年2020月XNUMX日