サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    IPアドレスによるビデオ再生の制限

    このトピックでは、IPアドレス制限を使用してビデオ配信を制限する方法の概要を説明します。

    概要

    ビデオ再生を内部視聴者に限定するために、 Video Cloud エンタープライズパブリッシャーは、IPアドレス制限を使用できます。 このアプローチにより、 playersアカウントを読み込んでいます。ただし、ブラウザが player 許可されたIPアドレスの指定されたリスト(ホワイトリスト)のXNUMXつを使用します。 これにより、レベルを超えるセキュリティレベルが提供されます ドメイン制限 or 地理的制限.

    IPアドレス制限を設定すると、それはすべての playerそのアカウントのs。 別のアカウントを使用する必要があります player公開したい動画や動画。

    ユーザーがaを含むページを読み込もうとすると、 Video Cloud player ホワイトリストに含まれていないアドレスからは、「あなたが見ようとしているビデオは現在の国または場所からは視聴できません」というエラーメッセージが表示されます。

    IPアドレス制限を設定する方法

    いずれかのIPアドレス制限を設定するには Video Cloud アカウント、連絡先 Brightcove サポート。 この目的のためにアカウントを特定または作成し、IPアドレスホワイトリストを含むテキストファイルを提供するには、サポート担当者と協力する必要があります。

    IPアドレスホワイトリストを作成する

    いずれかのIPアドレス制限を設定するには Video Cloud アカウントを提供する必要があります Brightcove ロードが許可されるべきIPアドレスのホワイトリストのサポート Video Cloud players。 ほとんどの企業は、企業の内部トラフィックが外部のインターネットに到達するために経由するXNUMXつ以上のゲートウェイを使用しています。 IPアドレスのホワイトリストには、これらすべてのゲートウェイのIPアドレスを含める必要があります。

    ホワイトリストには、各IPアドレスを別々の行に含める必要があります。 また、IPアドレスの範囲を含めることもできます。 例えば:

    38.39.23.40
    38.39.23.48
    38.39.23.50-38.112.23.69
    38.39.23.100-38.112.23.199

    サブネットマスクは ドット10進表記法、のような:

    38.39.23.50/255.255.255.0

    使用することもできます CIDRブロック表記法、のような:

    38.39.23.50|24

    or

    38.39.23.50/24

    Video Cloud コンテンツ

    使用している場合 Playback API からコンテンツを取得する Video Cloud アカウントにIP制限が設定されている場合は、標準URLの代わりに次のものを使用する必要があります。

    https://edge-elb.api.brightcove.com/playback/v1

    Linuxを使う edge-elb.api... ノーマル edge.api...

    実装の詳細

    時 Brightcove Player から動画を読み込むように求められます Video Cloud アカウント、このアドレスでカタログに接続します:

    https://edge.api.brightcove.com/playback/v1/.

    URLがどのように動作するかは次のとおりです。

    • 北米内からEdgeを押すと、Edgeに直接アクセスし、EdgeはユーザーのIPアドレスを表示します。 IP制限ホワイトリストに従ってカタログへのアクセスを許可または拒否できます。 これが望ましい動作です。
    • Edgeを北米外から打つときは、CDNのロードバランシング/ローカルキャッシュのためにCloudfrontを経由します。 EdgeはユーザーのIPの代わりにCloudfront IPを認識し、すべての要求を拒否するため、この問題が発生します。 これは、Cloudfrontがホワイトリストに登録されていないためです(Cloudfrontを使用しているユーザーが誰でもアクセスできるためです)。

    エッジの代替エンドポイントがあり、北アメリカ以外のお客様にこの状況を改善することができます。 エンドポイントは次のとおりです。

    edge-elb.api.brightcove.com.

    このアプローチの欠点は、カタログ要求がCloudfrontのグローバルなローカルサーバーのネットワークではなく、米国のVirginiaに送られるため、米国外からのキャッシュされたコンテンツの取得にわずかな遅延が生じることです。 これはほとんど気にならないかもしれませんが、検討して検討する価値があります。 コンテンツ自体は、ローカルサーバーから通常通り配信されます。 北米からアクセスする場合、または北米の代理店を経由する場合は、パフォーマンスに全く変化はありません。

    わずかな遅延がメリットに値すると感じる場合は、すべてを設定する必要があります player 北米以外からIP制限付きアカウントにアクセスする必要がある。 この変更は Studio PLAYERS モジュール。 次の手順で設定を変更します。

    1. Video Cloud Studioで PLAYERS モジュールと新しいのいずれかを作成します player または見つけます player 構成を変更する対象。
    2. リンクをクリックすると player を開く playerのプロパティ。
    3. ナビゲーションヘッダーの JSONエディタ 左側のナビゲーションメニュー。
    4. 動画内で video_cloud JSONのセクションは、次のようになります(名前と値のペアはもっと多い場合も少ない場合もあります)。
      "video_cloud": {
          "policy_key": "BCpkADaw...ndVx5X"
        },
    5. 最後のエントリの後に、カンマを追加してから、次の名前と値のペアを追加します。
      "base_url": "https://edge-elb.api.brightcove.com/playback/v1/"
    6. JSONエディタは次のようになります。
      JSONエディタ
    7. 更新を保存して公開します player.

    ページの最終更新日:28年2020月XNUMX日