サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    署名付きURLとトークン認証 Live Stream

    このトピックでは、エンドユーザーが適切な承認なしにライブストリームを再生できないように、署名付きURLとトークン認証を使用する方法について学習します。

    概要

    プレミアムコンテンツまたは機密コンテンツを配信する場合は、すべての方法が安全であることを確認することになります。 エンドユーザーが適切な許可なしにビデオURLをコピーしたり、コンテンツの再生を継続できるようにする必要はありません。 Brightcove RTMP、HLS、およびDASH URLの署名をサポートします。

    独自のトークンを生成する場合、このプロセスには1つのステップがあります。 あなたが Live システムでトークン化されたURLを生成するには、ライブストリームのトークン認証を有効にするために必要な2つの手順があります。

    実行

    ステップ1:ライブジョブを作成する

    トークン認証を有効にするには、リクエスト本体に次の項目を含めます。 ジョブを作成する:

      "add_cdns": [{
        "label": "My CDN",
        "prepend": "mycdn-a.akamaihd.net",
        "protocol": "https",
        "vendor": "akamai",
        "token_auth": {
          "auth_type": "Akamai2.0",
          "key": "AKAMAI_TOKEN_PASSWORD",
          "token_name": "AKAMAI_TOKEN_NAME",
          "media": {
            "start_time": "now",
            "end_time": 1495697388,
            "ttl": 60
          }
        }
      }]

    関連するフィールドについては、次の表で説明します。

    のTTLフィールド Live 採用情報
    フィールド
    start_time どちら now またはunix / posixの開始時刻
    end_time unix / posix終了時刻
    ttl 生存時間(秒)

    ステップ2:ライブジョブが作成された後

    ライブジョブを作成したら、もう一度マスターマニフェストURLを生成するように要求する必要があります。 これを行うには、 POST リクエストを実行してあなたのアカウント内のプレイリストの数を取得することもできます:

      https://api.bcovlive.io/v1/jobs/JOB_ID/authurls

    要求本体として次のJSONを含めます。

      {
        "ttl": number in seconds for time to live
      }

    ノート

    • ttl 値は、DVRウィンドウ以上でなければなりません。そうしないと、DVRウィンドウは、DVRウィンドウに制限されます。 ttl
    • httpとhttpsの両方がサポートされています
    • token_name 5-12文字でなければならず、アカマイで設定されているものと一致する必要があります
    • start_time オプションであり、 "now" (デフォルト)またはエポック時間の値(秒単位)
    • end_time オプションであり、秒単位のエポック時間値にすることができます。 end_time or ttl 必要とされている; 指定されていない場合、 ttl は、 live_dvr_sliding_window_durationvod_sliding_window_duration

    ページの最終更新日:13年2020月XNUMX日