サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    bc()を使用して取得Player()メソッド

    このトピックでは、 bc()getPlayer() それぞれの機能とそれらの使用のベストプラクティスを含む方法。 また、このドキュメントに含まれているのは、 getPlayer()videojs() への参照を取得するためのメソッド Brightcove Player.

    賃貸システムの概要

    で開発を行うときの基本的な要件 Brightcove Player への参照を取得しています player。 これを実行するためのベストプラクティスは、 Brightcove Player 6.x。 従うべきベストプラクティスは次のとおりです(各箇条書きの詳細はこのドキュメントの後半にあります)。

    • への参照を取得するには player のバージョンを使用する場合 <video> タグは、次のいずれかを行います。
      • v6.16.0 + 使用 videojs.getPlayer() 方法。
      • v6.16.0より前 使用 videojs() 方法。
    • 使用している場合 高度な(ページはめ込み) player 実装のベストプラクティスは次のとおりです。
      • v6.11.0 + 使用 <video-js> タグ。
      • v6.11.0より前 使用 <video> タグ。
    • 手動でインスタンス化している場合 player ページで、 bc() メソッド、への参照を生成します player.

    getPlayer()videojs()

    で開発をしてきたなら Brightcove Player どのような期間でも、ほぼ確実に、次のようなコードを参照して、 player そしてそれを myPlayer 変数:

      videojs('myPlayerID').ready(function(){
        var myPlayer = this;
      });

    使用している場合 v6.16.0 + それはAPIのよりクリーンな使用法であり、使用することが推奨されるベストプラクティスです。 player.getPlayer() を取得する必要がある者ここに示すように、

      videojs.getPlayer('myPlayerID').ready(function() {
        var myPlayer = this;
      });
      

    video-js タグ対 video タグ

      Brightcove Player v6.11.0 + 使用するのがベストプラクティスです。 <video-js><video>。 その理由は次のとおりです。

    • 使い方 <video-js> あなたが得ることができるネイティブコントロールの問題のフラッシュを防ぐでしょう <video> 素子。 この例は、Chromeバージョン67 +にあります。 Chromeは、しばらくすると壊れたビデオアイコンを一時的に表示します。 <video> タグは Brightcove Player。 アイコンは次のように表示されます。
      クロム壊れたビデオアイコン
    • 場合によっては、Video Cloud メディア、使用 <video-js> 与える player 初期化プロセスをより詳細に制御します。 これにより、ブラウザに関連付けられている可能性のある自動ブラウザ動作が防止されます。 <video> 要素。

    bc() メソッド詳細

    bc() メソッドを使用してインスタンス化します player あなたの選択の時に。 の 遅延 Player インスタンス化 ドキュメントはユースケースと実装を議論します。 の Brightcove Player サンプル:垂直ボリュームコントロール の別の使用法を示しています bc() ボリュームコントロールの方向を垂直に変更する方法。 player インスタンス化されます。

    メソッドの構文は次のとおりです。

      bc(id,options)

    ここで、

    • id:
      • 説明:動画要素または動画要素ID
      • データ型:文字列|要素
      • 必須:true
    • options:
      • 説明:設定を提供するためのオプションオブジェクト
      • データタイプ:オブジェクト
      • 必須:false
    • このメソッドは、 Brightcove Player インスタンス

    たとえば、次のようになります。 video-js タグ、次にJavaScriptを設定して player:

      <video-js id="myPlayerID"
         data-embed="default"
         data-application-id
         class="video-js"
         width="640" height="360"
         controls></video-js>
      <script src="https://players.brightcove.net/1752604059001/default_default/index.min.js"></script>
      
      <script type="text/javascript">
        // +++ Define the player options +++
        var options = {
          controlBar: {
            volumePanel: {
              inline: false,
              vertical: true
            }
          }
        };
      
        // +++ Add the player attributes +++
        var myPlayerEl = document.getElementById("myPlayerID");
        myPlayerEl.setAttribute('data-account', 1752604059001);
        myPlayerEl.setAttribute('data-player', 'default');
        myPlayerEl.setAttribute('data-video-id', 5557662144001);
      
        // +++ Create the player +++
        bc(myPlayerEl, options);
      </script>

    通常の player 構成オプション(詳しくは、 Player 構成ガイド)、以下を使用することができます bc() 方法:

    有効な設定オプション
    自動再生
    言語
    言語
    ループ
    ミュート
    playsinline
    プリロード
    techOrder

    ページの最終更新日:29年2020月XNUMX日