サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    パフォーマンスの低い動画を特定して削除する

    このトピックでは、使用方法を学習します Video Cloud Studio パフォーマンスの低い動画を特定して削除するためのスプレッドシート。

    賃貸システムの概要

    さまざまな理由から、ライブラリには表示されていないビデオがないことがおそらく最善の方法です。また、将来的には表示されなくなることも予想されます。 この文書では、これらの動画を特定してライブラリから削除する方法を説明します。 次の箇条書きは、プロセスの概要を示しています。 その後、詳細な手順が続きます。

    • Mediaモジュールを使用して、ライブラリ内のすべてのビデオに関する一連の情報を含むファイルをエクスポートします。
    • Analyticsモジュールを使用して、動画ID、タイトル、動画の表示回数、動画の再生回数を含むカスタムレポートを作成します。 レポートはカンマ区切り値(CSV)形式でエクスポートされ、ゼロではないビデオビューまたはインプレッション、あるいはその両方を含むビデオのみが一覧表示されます。
    • 両方のCSVファイルをGoogleドキュメントのスプレッドシートにインポートします。
    • 特定の行に詳細が表示されている動画に動画ビューがあるかどうかを判断する列を[すべての動画]スプレッドシートに追加します。 これは、オールビデオスプレッドシートのIDのAnalyticsレポートスプレッドシートのエントリと一致するエントリがあるかどうかを確認することで行われます。
    • 再生されていない動画のIDをGoogle Docにコピーし、一括削除プロセスで使用する形式を操作します。

    すべての動画データをエクスポートする

    から メディア モジュールあなたはあなたのライブラリーの中のすべてのメディアに関する報告を得ることができます。 これは後でスプレッドシートで使用されます。

    1. 入力します Studio's メディア モジュールを開きます。
    2. クリックします。 輸出 ページ上部のボタンをクリックします。
    3. 開いたダイアログで、必ず リスト内のすべての動画 選択されています。
    4. ストリーミングを停止する場合は上部の データのエクスポート ボタン。 このレポートは最大15,000本の動画の情報をエクスポートします。
    5. レポートの作成が終わったら、 ダウンロードファイル ボタン。
    6. ファイル名はアカウントIDに対応し、ファイルはCSV(カンマ区切り値)形式になっています。
    7. ナビゲーションヘッダーの キャンセル ダイアログを閉じます。

    カスタムAnalyticsレポートを作成する

    ビュー付きの動画を含むAnalyticsレポートを作成するには、次の手順を実行します。

    1. In Studio、に移動します ANALYTICS モジュールを開きます。
    2. 左側のメニューで、をクリックします カスタム.
    3. 使用 アカウントを含める レポートの目的のアカウントを選択するためのドロップダウン
    4. 選択する レポートの種類 ようにするには One-time.
    5. ドロップダウンリストから 日付範囲 カレンダーを使用したレポート用
      期間
    6.   データグループ 選ぶ Video.
    7.   データフィールド 3つのフィールドを選ぶ Video Name, Video ViewsVideo Impressions:
      データフィールド
    8. フィールドの下にはレポートのプレビューが表示されます。 ビデオIDは自動的にレポートに含まれます。
      レポートプレビュー
    9. を供給 レポート名 またはデフォルトを受け入れます。
    10. 選択する フォーマット ようにするには CSV.
    11. レポートの準備ができたら電子メールを受け取るかどうかを選択します。 アカウントに非常に多数のビデオが含まれていない限り、ほとんどの場合はレポートを待つことになります。
    12. ストリーミングを停止する場合は上部の リクエストレポート ボタン。
    13. しばらくすると、レポートがダウンロードされます。

    オールビデオファイルをインポートする

    ドキュメントのこのセクションでは、Mediaモジュールから作成されたエクスポート済みのすべてのビデオレポートを開きます。

    1. Googleドキュメントの空白のスプレッドシートを開きます。
    2. 次の項目を選択します: ファイル>インポート>アップロード次に、すべての動画CSVファイル(アカウントIDに基づいて名前が付けられています)を適切な場所にドラッグするか、参照して選択します。
    3. 上の インポートファイル ダイアログで、デフォルトを受け入れてクリック インポート日:
      csvをインポート
    4. インポートしたデータは次のようになります。
      サンプルすべての動画をインポート

    Analyticsレポートのインポート

    作成したAnalyticsレポートを別のシート(同じスプレッドシートグループ内)にインポートします。

    1. 次の項目を選択します: ファイル>インポート>アップロード次に、AnalyticsレポートのCSVファイルを適切な場所にドラッグするか、参照して選択します。
    2. 上の インポートファイル ダイアログを変更してください。 インポート場所 〜へ 新しいシートを挿入。 他のデフォルトを受け入れてクリック インポート日:
      インポート分析
    3. インポートしたデータは次のようになります。
      サンプルインポート
    4. スプレッドシートの下部に、2つのシートがリストされているのがわかります。
      2枚

    名前付き範囲を作成する

    動画に再生回数があるかどうかを判断する列を追加します。 そのためには、AnalyticsレポートのID(ビューを含む動画)を参照する必要があります。 処理を簡単にするために、範囲を作成して名前を付けます。

    1. Analyticsレポートシートにある間は、大文字をクリックしてください。 A 最初の列の上部にあります。
    2. 列のどこかを右クリックして選択 名前付き範囲を定義...
    3. スプレッドシートの右側にパネルが開きます。 のデフォルト名を変更 NamedRange1 〜へ IDsWithViews.
    4. Enterキーを押すと、定義された範囲が表示されます。
      名前付き範囲

    ビューを決定しないための列を追加

    これで列を追加して VLOOKUP() 特定のビデオに何らかのビューがあるかどうかを報告する機能。

    1. 自分のアカウントIDで名前が付けられているすべての動画シートに戻ります。
    2. 列をクリック B.
    3. スプレッドシートのメニューから、 挿入>左の列。 これにより、新しい空の列Bが作成されます。
    4. セルをクリック B2.
    5. 入力します =VLOOKUP(。 これで関数の使用が始まります。
    6. 左括弧の直後にある A2 細胞。 そのセル位置が挿入されます。 これは関数が何を見るのかを定義します。
    7. セルの後にコンマを入力してから、 id。 名前付き範囲を選択できることがわかり、それを選択します。
      名前付き範囲を選択
      これは、関数がA2内の値を探す場所を定義します。
    8. 名前付き範囲の後にコンマを入力してから、番号を入力します 1。 これは返されるカラムインデックスを定義します。 あなたにとって、これはA2のIDが名前付き範囲で見つかった場合、そのIDがセルに配置されることを意味します。
    9. 番号1の後にコンマを入力してから、次のように入力します。 FALSE次に閉じ括弧を入力します。 このオプションは VLOOKUP() 列がソートされていて正確な値が見つからない場合は、最も近い値が返されます。 これを起こしたくないので、 FALSE 入力する正しい値です。
    10. ここに示されているように、機能が正しく定義されていることを確認して、を押します。 入力します.
      完全なvlookup
      セルB2はA2からのIDを表示するか、または #N/A.
    11. セルB2をもう一度クリックして、強調表示されていることを確認します。
    12. スプレッドシート全体に数式をコピーするには、強調表示されているセルの右下にある青い四角形(現在はB2)をダブルクリックします。
      青い四角
      列Bでは、列AからIDが繰り返されているか、または #N/A。 IDが表示されている場合は、そのIDで表されている動画がAnalyticsレポートに見つかりました。 言い換えれば、それはビデオビューを持っています。 そしてあなたが推測することができるように、あなたが見れば #N/A 列AのIDで表される動画には再生回数がありません。

    再生回数のない動画を削除する

    スプレッドシートを並べ替えて、再生回数のないすべての動画IDをグループ化します。 その後、それらのIDとフォーマットをコピーして、一括ビデオ削除を行います。

    1. 列Bを選択して、スプレッドシートのメニューから選択します。 データ>シートを列B、Zでソート - > A。 これにより、スプレッドシートの上部に表示されていないすべての動画がグループ化されます。 #N/A 細胞内で
    2. 続行する方法について2つの選択肢があります。 彼らです:
      • 削除する動画の数が少ない場合は、 Studio そして手動で削除します MEDIA モジュールを開きます。
      • 削除する動画が大量にある場合は、動画削除の負担を軽減するために、引き続き次の手順を実行することをお勧めします。
    3. 削除したい動画の動画IDのみをハイライトしてコピーします。 動画がすべて削除される準備が整ったことを意味するため、IDや名前がない動画は含めないでください。
      コピーID
    4. Google Doc文書を開きます。
    5. ドキュメントメニューから、 編集>フォーマットせずに貼り付ける。 列に動画IDが表示されるだけです。 ビデオを一括消去するには、それらのフォーマットである必要があります。 id:12345678 id:23456789 ...。 手動でリストを編集するのではなく、これらの手順を続けます。
    6. 次の項目を選択します: 編集>検索と置換...
    7.   見つけます 値を入力 \n。 これはキャリッジリターンを表します。
    8.   と交換 値の後にスペースを入力してください id:。 の前のスペース id: 正しい書式設定には欠かせません。
    9. チェック 正規表現を使ったマッチング チェックボックスをオンにします。
    10. ストリーミングを停止する場合は上部の すべて交換 ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。
    11. 動画IDのリストが次のようにフォーマットされていることを確認してください。
        1754261702001 id:4082515861001 id:5185914204001 id:5324448023001
        id:1754261492001 id:2180442442001 id:2535301903001 id:4713495235001
        id:4874718207001 id:4997278349001 id:5686632029001 id:5998203290001
        id:5998205402001 id:5998658922001 id:5998662608001 id:
    12. フォーマットを完了するには、次のものを配置する必要があります。 id: 最初のビデオIDの前に。 その後、 id: 一致する実際のビデオIDがないリストの最後にあります。
    13. 正しくフォーマットされたビデオIDのリストをコピーします。
        id:1754261702001 id:4082515861001 id:5185914204001 id:5324448023001
        id:1754261492001 id:2180442442001 id:2535301903001 id:4713495235001
        id:4874718207001 id:4997278349001 id:5686632029001 id:5998203290001
        id:5998205402001 id:5998658922001 id:5998662608001
    14. 開いた Studio's MEDIA モジュールを開きます。
    15. 検索ボックスに動画IDのリストを貼り付けます。
      メディアモジュール検索
    16. プレス 入力します.
    17. これまでに選択したIDと一致するすべての動画が一覧表示されます。 削除する動画を個別に選択するか、[すべて選択]ボックスをオンにして動画を削除することができます。

    ページの最終更新日:29年2020月XNUMX日