サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    アドバンスト(ページ内)埋め込みコードの利用可能なオプション

    このトピックでは、 高度な 埋め込みコード。 このバージョンの player 実装は、 In-Page エクスペリエンス or 埋め込みページ 埋め込みコード。

    賃貸システムの概要

    https://studio.support.brightcove.com/publish/choosing-correct-embed-code.html

    高度な(ページはめ込みの)埋め込み コードにより、 player iframeではなく、HTMLページに直接存在します。 これは、簡単にアクセスできるという利点を提供します player および関連するプロパティとイベント。 非iframeを使用する player、あなたは使いやすさを失います player ソーシャルメディアアプリケーションと共有に含まれる単一のユニットとして。 を参照してください 適切な埋め込みコードの選択 ドキュメントを参照してください。

    使用法

    使用するには ページはめ込み埋め込み コードは、次の手順に従います。

    1. 使用 PLAYERS 作成するモジュール player.
    2. に行きます MEDIA モジュールを作成し、新しく作成した player.
    3. コピー 高度な 埋め込みコード。 HTMLは次のようになります。
        <video-js data-video-id="4093372393001"
          data-account="1507807800001"
          data-player="ry3j6rsze"
          data-embed="default"
          data-application-id
          class="video-js"
          controls></video-js>
        <script src="https://players.brightcove.net/1507807800001/ry3j6rsze_default/index.min.js"></script>
    4. ブラウザからHTMLをコピーして、 body 完全なHTMLページの
    5. HTMLページを参照して、 player 機能する。

    Mediaモジュールを使用して動画を公開する場合は、プレーヤーURLを使用して動画をプレビューするか、iframe 埋め込みコードまたはvideo タグ埋め込みコードをコピーしてウェブページやアプリケーションに貼り付けることができます。

    注: 短縮 ボタンをクリックするとプレビューURLが短縮されます。

    iframeタブにiframe埋め込みコード、video タグには video タグ埋め込みコードが表示されます。 Player Management API の場合は、 embed_in_page 属性は、video タグを示します。

    注:レスポンシブの使用については players、参照してください Brightcove Player レスポンシブにサイズ変更する をご参照ください。

    video タグ埋め込みコード

    一般的な video タグ埋め込みコードが次のようになります。

      <video-js data-video-id="5076962725001"
      data-account="1507807800001"
      data-player="BkTGbgSq"
      data-embed="default"
      data-application-id
      class="video-js"
      controls></video-js>
      <script src="https://players.brightcove.net/1507807800001/BkTGbgSq_default/index.min.js"></script>
      

    video タグ埋め込みコードとの統合は複雑になる可能性がありますが、video タグ埋め込みコードを使用することがプレーヤーを含むページがプレーヤーと連携する必要がある場合に最適です。video タグ埋め込みコードを使用する場合の例は次のとおりです。

    • プレーヤーイベントをリッスンする必要がある
    • プレーヤーに親ページからスタイルを適用する
    • iframe 埋め込みコードの使うとアプリケーションロジックが失敗する(例:親ページから他のページへ遷移する)

    iframe 埋め込みコードを使用しない場合でも、JavaScript のプラグインと CSS ファイルを追加した video タグ埋め込みコードを引き続き使用できます。 これによってロジックがカプセル化されるので、複数のプレーヤーでプラグインが簡単に使用できるようになります。

    Chromeと「壊れた」HTML動画アイコン

    Chrome版67 +では、壊れた動画アイコンが <video ...> タグは Brightcove Player。 アイコンは次のように表示されます。

    クロム壊れたビデオアイコン

    使用している場合 Brightcove Player バージョン6.11以降では、videoタグを <video-js ...> アイコンは表示されません。

    推奨

    一部のアプリケーションロジックでページはめ込みコードを使用する必要がない限り、iframe実装を使用することをお勧めします。 オーディエンスモジュールを使用して視聴者のエンゲージメントを追跡している場合は、ページはめ込み(詳細)埋め込みコードを使用する必要があります。

    属性

    多数の属性が <video> 方法に関する追加情報を提供するタグ player 動作するはずです。 次の表に、使用可能な属性の詳細を示します。

    属性 説明 データ型
    autoplay を示します player これが許可されているプラ​​ットフォームでは、すぐに再生を開始する必要があります。

    If autoplay ブラウザのネイティブの自動再生動作が使用されるブール値に設定されています。 次の3つの有効な文字列値のいずれかに設定されている場合は、次のようになります。
    • play: player 手動でplayを呼び出そうとします。
    • muted: player 手動でミュートします player プレイを呼び出します。
    • any: player 最初にplayを呼び出そうとします。 それが失敗した場合は、 player プレイを呼び出します。
    上記のいずれかが失敗した場合、 player 自動再生がfalseに設定されているかのように、「大きな再生ボタン」が表示されます。

    動画を自動再生することは複雑な状況になります。 を参照してください 自動再生に関する考慮事項 ドキュメントを参照してください。
    ブール値または文字列
    class 割り当てられる標準のHTML属性 ビデオjs デフォルトでは値です。 文字列
    controls コントロールをに表示するかどうかを決定します player. ブーリアン
    crossorigin If true、根底にある の<video> 要素は crossorigin = "anonymous"。 つまり、動画やテキストトラックが player CORSヘッダーが必要です。 ブーリアン
    data-account アカウントID(Publisher IDとも呼ばれることもあります)。 文字列
    data-ad-config-id ダイナミックデリバリーSSAI広告構成ID。 文字列
    data-application-id シングルの再利用が可能 player、ただしサイトごとまたはアプリケーションごとに分析を区別します。 を参照してください へのアプリケーションIDの追加 Player 埋め込みコード 詳細については、文書を参照してください。 文字列
    data-embed 埋め込み(親子)を使用している場合に情報を表示します player 関係)。 文字列
    data-player 設定します player IDを指定します。 文字列
    data-playlist-id プレイリストのIDまたは参照IDを player. 文字列
    data-playlist-video-id ビデオで再生する最初のビデオを設定します。ビデオは指定されたプレイリストになければなりません。 文字列
    data-start-time ビデオの再生開始時刻を設定します。 を参照してください ディープリンク ドキュメントを参照してください。 文字列
    data-video-id 動画のIDまたは参照IDを player. 文字列
    高さ ビデオの表示の高さをピクセル単位で設定します。 ONLY。 高さのパーセンテージを使用した詳細については、 プレーヤーのサイズ設定 の資料をご参照ください。
    lang 言語を(有効な言語コードを使用して、通常はXNUMX文字で)設定します player. 文字列
    loop 終了するとすぐにビデオを開始させます。 ブーリアン
    muted ビデオのサウンドをミュートします。 ブーリアン
    playsinline プラットフォームとOSで許可されている場合は、 playerの再生領域。つまり、フルスクリーンまたは独立したサイズ変更可能なウィンドウに表示されません。 iPhoneとiPadで動作します ブーリアン
    プリロード ビデオタグがロードされるとすぐにビデオデータのダウンロードを開始するかどうかをブラウザに通知します。 可能な値は none, metadata or auto。 詳細については、次のセクションを参照してください。 文字列
    width ビデオの表示幅をピクセル単位で設定します。 ONLY。 幅のパーセンテージを使用した詳細については、 プレーヤーのサイズ設定 の資料をご参照ください。

    予圧の詳細

    プリロード属性は、ビデオタグがロードされるとすぐにビデオデータのダウンロードを開始するかどうかをブラウザに通知します。 オプションは次のとおりです。 auto, metadataおよび none。 HLS再生テクノロジの場合、この設定はわずかに異なることを意味し、以下で注意してください。

    • auto (デフォルト):ビデオの読み込みを直ちに開始します(ブラウザが同意する場合)。 iPhoneやiPadなどの一部のモバイルデバイスは、ユーザーの帯域幅を保護するためにビデオをプリロードしません。 これが値が呼び出される理由です オート もっと最終的なものではない true.

    • metadata:動画の長さやサイズなどの情報を含む動画のメタデータのみを読み込みます。

    • none:ビデオデータをプリロードしないでください。 これは、ユーザーが再生をクリックしてダウンロードを開始するまで待機します。 iOSでは、この設定でもセグメントのダウンロードが行われることがあります。 を参照してください Brightcove Player とiOS 詳細はドキュメント。

      <video-js preload ...>
      or
      { "preload": "auto" }

    ページの最終更新日:28年2020月XNUMX日