サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    Googleタグマネージャープラグイン Brightcove Player

    このトピックでは、Googleタグマネージャー(GTM)プラグインを使用して Brightcove Player.

    概要

    Googleタグマネージャー(GTM)プラグインを使用すると、GTM機能を Brightcove Player.

    タグマネージャーを使用すると、コードを使用せずにタグを追加して公開できます。 タグマネージャーはクライアント側のソリューションであるため、さまざまなマーケティングテクノロジーのデータを収集できます。 これにより、ユーザーを収集し、 player 収集ポイントの多様なセットにわたるデータ。

    すでにGoogle Analytics、Adwords、DoubleClickを使用している場合は、これらのツールと統合されているため、Googleタグマネージャーを使用することもできます。 GTMには、多数の変数とトリガーのオプションがあります。

    Googleタグマネージャープラグインを使用すると、 Brightcove Player Google Analyticsダッシュボードを使用したイベント。 以下 player イベントを追跡できます:

    • Player 負荷
    • ビデオの印象
    • ビデオビュー
    • 動画エンゲージメント
    • 再生リクエスト
    • ビデオ完了
    • 高度な player 広告開始、広告終了などのイベント
    • 再生体験を妨げるエラー

    タグ管理の用語

    ここでは、Googleタグマネージャー(GTM)を使用するときに遭遇する一般的な用語をいくつか紹介します。

    契約期間 説明
    コンテナ タグ管理システムアカウントは、独自のタグと変数を使用して、複数のコンテナー(プロファイル)を持つことができます。 各コンテナには複数の環境があり、通常は開発、ステージング、本番用に設定されています。
    データ層 データレイヤーは、Webページのコードに含まれるデータのコレクションを指します。 このJavaScriptオブジェクトは、Webサイトからタグマネージャーコンテナーに情報を渡すために使用されます。 その後、この情報を使用して、変数を設定し、タグ設定でトリガーをアクティブ化できます。
    イベント イベントは、レポートツールにデータを送信するために使用されるデータポイントです。 これらは、ビデオのロードと再生に関連しています。
    タグ タグは、ユーザーインタラクションデータを収集するためにWebページに配置されるコードスニペットです。 タグ管理システムは、タグをサイトに追加するプロセスを簡素化し、タグIDとタグイベントタイプのみを指定する必要があります。
    タグ市場 タグマーケットプレイステンプレートは、タグをデプロイするためのコードスニペットを提供します。 これにより、必要なコード知識の量が減りますが、JavaScriptとHTMLにある程度精通していると、実装を成功させることができます。
    追跡者 トラッカーは、データを収集して保存し、そのデータをGoogleタグマネージャーに送信するオブジェクトです。
    トリガー トリガーは、タグコードをページに追加するタイミングを通知します。 これらはユーザー定義の条件です。

    はじめに

    Googleタグマネージャーを設定するには、次の手順に従います。

    ステップ

    1. Googleのドキュメントを確認して タグマネージャーのセットアップとインストール.
    2. In タグマネージャー、アカウントを作成するか、既存のアカウントを使用します。 新しいアカウントを作成するには、 してアカウントを作成 ボタン。

      デフォルトでは、新しいコンテナが新しいアカウント用に作成されます。 各アカウント内に追加のコンテナを作成できます。

      アカウントを作成する
      アカウントを作成する
    3. アカウント名やコンテナ名など、新しいアカウントページの値を入力します。 ターゲットプラットフォームを選択します。

      新しいアカウント情報
      新しいアカウント情報
    4. 現在地に最も近い 作ります ボタン。

    追跡するイベントの確認

    以下の表を確認し、追跡するイベントを決定してください。

    種類 イベント 説明
    Player 負荷 bcvideo_player_load ときに送信されます player ロードされ、再生の準備ができています
    動画の印象 bcvideo_video_impression ビデオがにロードされたときに送信されます player 再生の準備ができています
    ビデオビュー bcvideo_video_view 自動再生またはユーザー操作により動画の再生が開始されたときに送信されます
    動画エンゲージメント bcvideo_video_engagement ユーザーが動画のタイムラインを秒単位で視聴した。 このイベントはビデオエンゲージメントを追跡するためのハートビートであり、ユーザーインタラクションとビデオの長さに応じて、再生中に何度も送信される可能性があります。
    プレイリクエスト bcvideo_play_request ユーザーが再生ボタンを明示的にクリックして再生が開始されたとき、またはプラットフォームが自動再生シナリオで再生をトリガーしたときに自動的に送信されます
    広告開始 bcvideo_ad_start 再生プラットフォームによって制御が広告エージェントに渡されたときに送信されます
    広告終了 bcvideo_ad_end コントロールが広告エージェントから再生プラットフォームに戻されたときに送信されます
    エラー bcvideo_error 再生エクスペリエンスを妨害する致命的なエラーが発生したときに送信されます
    ビデオ完了 bcvideo_video_complete 動画の再生が終了すると送信されます

    変数、タグ、トリガーの作成

    あらゆる Brightcove 追跡するイベントは、 イベントタグ Googleタグマネージャで。 GTMからのイベントIDは、 player、 Brightcove GTMイベントに渡されるイベントデータ。

    これらのイベントをGoogleアナリティクス(GA)に送信するには、タグごとにGTMトリガーを作成する必要があります。 イベントに関連付けられたカスタムパラメータもGTMで作成されます Variables タブでを確認できます。

    GTMへの変数の追加

    パラメータは追加のデータを運び、イベントとともに渡されます。 すべての Brightcove 記録されるパラメータは、Googleタグマネージャで変数として作成する必要があります。 指定されたパラメータは、内部で使用されます player、 Brightcove Googleタグマネージャー変数に渡されるパラメーター。

    Googleタグマネージャーで変数を作成するには、次の手順に従います

    1. Googleタグマネージャーアカウントにログインします

    2. 次の項目を選択します: Variables 左側のナビゲーション。
    3.   ユーザー定義変数、選択 新商品 ボタン。
    4. 現在地に最も近い 変数タイプ as データ層変数.

      データ層変数
      データ層変数
    5. 詳細を入力してください:

      • データレイヤー変数名 -変数の名前
      • データレイヤーのバージョン - バージョン2
    6. 作成するパラメーター:

      • アカウント - Brightcove アカウント名
      • Player - Player ID
      • Player お名前 - Player お名前
      • プラットフォームバージョン -プラットフォームのバージョン番号
      • セッションを開く - セッション識別子
      • 動画 -ビデオID
      • ビデオ名 - ビデオの名前
      • 範囲 -StartSecond..EndSecondの形式で表示される秒の範囲
      • 表示されたビデオ秒数 - 監視秒数
      • ビデオ再生時間 - 動画の長さ(秒)
      • 視聴されたビデオの割合 - 視聴した動画の割合
      • エラーコード - イベントに関連付けられているプラ​​ットフォーム固有のエラーコード
      • ビデオマイルストーン -ビデオによって完了したマイルストーン(25%​​、50%、75%、100%)
      • ビデオ再生ヘッド -イベントがトリガーされるビデオの時間
      • -ISO-3166(alpha 2)国コード、例:US
      • 国の名前 -人間が読める国名、例:米国
      • -ISO-3166(アルファ2)地域コード
      • 地域名 -人間が読める地域名
      • 都市 - 市の名前
      • ブラウザ -使用されているブラウザのフルネームとバージョン
      • ブラウザタイプ -使用されているブラウザの一般的な名前(例:Chrome、Edge、Firefox)
      • 開催場所 -イベントを発生させたURI
      • ソース -エンドユーザーを宛先に送信したURI
      • デバイスの種類 -上書きして、User-Agentが信頼できない場合にイベントを発生させたデバイスのOSを指定します
      • デバイスOS -デバイスが使用しているOSの名前
      • デバイスのOSバージョン -デバイスで使用されているOSのバージョン
    7. ユーザー定義変数は、GTMでは次のようになります。

      ユーザー定義変数
      ユーザー定義変数

    GTMへのタグの追加

    追跡するイベントを決定したら、Googleタグマネージャーでタグを作成する必要があります。

    Googleタグマネージャーでタグを作成するには、次の手順に従います

    1. Googleタグマネージャーアカウントにログインします

    2. 次の項目を選択します: タグ 左側のナビゲーションで、 新商品 ボタン。
    3. 現在地に最も近い タグタイプ as Googleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクス.

      タグ構成
      タグ構成
    4. タグの詳細を入力します。

      • トラックタイプ - に設定 イベント
      • カテゴリー -イベントカテゴリ変数
      • アクション -イベントアクション変数
      • ラベル -イベントラベル変数
      • - 無
      • 非インタラクションヒット - に設定 誤りである
      • Googleアナリティクスの設定 - 初期設定
      • トラッキングID -GAダッシュボードのトラッキングID。 [トラッキングID変数]を選択します。
    5. [詳細設定]に移動し、関連するカスタムディメンションインデックスとディメンション値を設定します。 これらのインデックスは、Googleアナリティクスのインデックスと一致する必要があります。

    6. タグはGTMでは次のようになります。

      GTMのタグ
      GTMのタグ

    GTMへのトリガーの追加

    追跡するイベントごとに、Googleタグマネージャーのトリガーも必要です。

    Googleタグマネージャーでトリガーを作成するには、次の手順に従います

    1. Googleタグマネージャーアカウントにログインします

    2. 次の項目を選択します: トリガー 左側のナビゲーションで、 新商品 ボタン。
    3. 現在地に最も近い トリガーの種類 as カスタムイベント.

      トリガー構成
      トリガー構成
    4. イベント名を入力します。

    5. 追跡するイベントごとにトリガーを作成します。

    6. トリガーはGTMでは次のようになります。

      GTMのトリガー
      GTMのトリガー

    との統合 Brightcove

    GTMを Brightcove Player、Googleタグマネージャープラグインを player.

    使い方 Studio

    次の手順の詳細は Video Cloud Studio プラグインをロードします。

    1. In Video Cloud Studio、開いて PLAYERS モジュールと新しいのいずれかを作成します player または見つけます player プラグインを追加する場所。
    2. のリンクを選択します player を開く playerのプロパティ。
    3. 次の項目を選択します: プラグイン 左側のナビゲーションメニュー。
    4. 次に、 プラグインを追加する ボタンをクリックし、次に Brightcove プラグイン.

      プラグインボタンを追加する
      プラグインボタンを追加する
    5. 拡大する Brightcove プラグイン ドロップダウンして選択 グーグルタグマネージャー.

      Googleタグマネージャープラグイン
      Googleタグマネージャープラグイン
    6. 言うために player どのイベントとカスタムディメンションを追跡するか、JSONオブジェクトを作成して オプション(JSON) テキストボックス。

      フィールドの説明:

      • tracker -GoogleタグマネージャーのトラッキングID(GTM-XXXXXXX)
      • eventsToTrack -追跡したいイベント
      • paramsToTrack -追跡するカスタムディメンション

      {
        "tracker":"your Google Tag Manager id",
        "eventsToTrack": {
          "error":"Error",
          "play_request":"Play Request",
          "video_engagement":"Video Engagement"
        },
        "paramsToTrack": {
          "bcvideo_video_seconds_viewed":"dimension1",
          "bcvideo_video_playhead":"dimension2",
          "bcvideo_account":"dimension3",
          "bcvideo_player":"dimension4",
          "bcvideo_player_name":"dimension5",
          "bcvideo_session":"dimension8",
          "bcvideo_video":"dimension6",
          "bcvideo_video_name":"dimension7",
          "bcvideo_platform_version":"dimension9",
          "bcvideo_video_duration":"dimension11",
          "bcvideo_range":"dimension10",
          "bcvideo_video_percent_viewed":"dimension12",
          "bcvideo_error_code":"dimension13",
          "bcvideo_video_milestone":"dimension14",
          "bcvideo_destination":"dimension15"
        }
      }
    7. 現在地に最も近い 保存 ボタン。 あなたは今見るでしょう グーグルタグマネージャー プラグインがプラグインのリストに追加されました player.

      [保存]ボタンを
      [保存]ボタンを
    8. 公開するには player選択 公開と埋め込み>変更の公開.
    9. ダイアログを閉じるには、選択します 閉じる.
    10. に戻る MEDIA を使用してビデオまたはプレイリストを公開します player Googleタグマネージャー用に更新しました。

      ときに、 player ロードし、ユーザーは player、指定されたイベントとパラメーターが追跡されます。

    カスタムディメンションの作成

    カスタムディメンションは、Googleアナリティクスで自分で作成する指標です。 詳細については、Googleの カスタムディメンションと指標 の資料をご参照ください。

    Googleスクリプトを使用すると、Googleアナリティクスでカスタムディメンションを追加するプロセスを自動化できます。

    ステップ

    Googleアプリスクリプトを使用してカスタムディメンションを作成するには、次の手順に従います。

    1. Googleにログインします。
    2. に移動します G Suite開発者ハブ Apps Scriptの新しい空のプロジェクトを選択します。

      Apps Scriptプロジェクト
      Apps Scriptプロジェクト
    3. 次の項目を選択します: 無題のプロジェクト プロジェクトに名前を付けます。

      スクリプトエディタ
      スクリプトエディタ
    4. 次のカスタムアプリスクリプトコードをエディターにコピーし、次の値を更新します。

      • accountId -Google AnalyticsアカウントID
      • webPropertyId -GoogleアカウントトラッキングID
      • dimensions -追加するカスタムディメンション。 現在のリストには、すべてのカスタムディメンションが含まれています。 寸法の前に bcvideo_。 これは、これらの変数と名前の競合がないことを確認するためです。
      //Set values for GA Account ID and web property ID to which you have to set custom dimensions.
      var accountId='your account id';
      var webPropertyId='your tracking code';
      //Add required custom dimensions to be created to this list
      var dimensions=['bcvideo_video_seconds_viewed','bcvideo_video_playhead','bcvideo_account','bcvideo_player','bcvideo_player_name','bcvideo_video','bcvideo_video_name','bcvideo_session','bcvideo_platform_version','bcvideo_range','bcvideo_video_duration',
      'bcvideo_video_percent_viewed','bcvideo_error_code','bcvideo_milestone','bcvideo_destination'];
      
      
      //Function to create custom dimensions in GA
      function createGACustomDimensions() {
      
        //This loop iterates through the custom dimensions in order to set the custom dimension scope, active values into our GA property
        for(var index=0;index<dimensions.length;index++){
        var customDimensions ={
          'name': dimensions[index],
          'scope':'HIT',
          'active':true,
        }
      
        //This create a request to the new custom dimension
        Analytics.Management.CustomDimensions.insert(customDimensions,accountId,webPropertyId);
      
        // Pause for 1 second between adding each custom dimension, this ensure that the GA property has time
        // to process the request fully before moving to the next custom dimension.
        Utilities.sleep(1000)
        }
      }
    5. 置き換える function myFunction(){} 以下に示すように、カスタムアプリスクリプトを使用したコードブロック。

      function myFunction() {
      
      }
    6. プロジェクトを保存します。 Googleを使用できるようにするには、プロジェクトを保存する必要があります Analytics API.
    7. Googleを有効にするには Analytics API、スクリプトエディタで、 リソース > 高度なGoogleサービス.

      高度なGoogleサービス
      高度なGoogleサービス
    8. 次に、見つけます 高度なGoogleサービス、それを回す on。 選択する OK.

      Google Analytics API
      Google Analytics API
    9. アプリスクリプトを実行するには、 ラン > 実行機能、スクリプトを選択します。

      スクリプトを実行
      スクリプトを実行
    10. 承認ダイアログで、 権限を確認する.

      承認ダイアログ
      承認ダイアログ
    11. 現在地に最も近い 許可する ボタン。

      許可を許可する
      許可を許可する

    カスタムディメンションの表示

    Googleアナリティクスでカスタムディメンションを表示するには、次の手順に従います。

    1. Googleアナリティクスにログインします。
    2. 次の項目を選択します: 管理者

      アナリティクス管理者
      アナリティクス管理者
    3. をクリックしてください カスタム定義 展開するには、次に選択します カスタム寸法.

      カスタムディメンション
      カスタムディメンション
    4. カスタムディメンションとそれに関連するインデックスが表示されます。

      ディメンションとインデックス
      ディメンションとインデックス

    イベントとパラメーター

    次のイベントとパラメータは、Googleタグマネージャーに送信できます。

    イベント

    これらのイベントは player.

    • player_load
    • video_impression
    • play_request
    • video_view
    • video_engagement
      • video_engagement -25%マイルストーン
      • video_engagement -50%マイルストーン
      • video_engagement -75%マイルストーン
    • ad_start
    • ad_end
    • error
    • video_complete -100%マイルストーン

    動画の視聴率(video_engagement)は、次のように計算できます(GoogleおよびAdobeアナリティクスのvideo_engagementイベントと同様)。

    Video watched percentage = duration the user actually watched / total video duration

    たとえば、20秒の動画では、以下の両方のケースで25%のマイルストーンを達成できます。

    • ユーザーは0-5秒から視聴します
    • ユーザーが0〜1秒から視聴し、11秒にスキップして15秒に視聴する

    上記のどちらの場合も、ユーザーは5秒間視聴したため、マイルストーンは25%と報告されます。

    パラメーター

    これらのパラメーターは player.

    • account
    • player
    • player_name
    • video
    • video_name
    • video_duration
    • range
    • video_seconds_viewed
    • session
    • platform_version
    • video_percent_viewed
    • video_playhead

    自動パラメータ

    これらのパラメーターは自動的にGoogleタグマネージャーに送信されるため、JSONコードでこれらを指定する必要はありません。

    • country
    • country_name
    • region
    • region_name
    • city
    • browser
    • browser_type
    • destination
    • source
    • device_type
    • device_os
    • device_os_version

    変更履歴

    見ます 変更履歴はこちら.


    ページの最終更新日:28年2020月XNUMX日