サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    データをプラグインに渡す

    このトピックでは、プラグインの初期化時に使用するためにデータをプラグインに渡す方法を学習します。

    オプションプロパティを定義する

    プラグインを呼び出すときには、 options 子供の財産 pluginsとして指定することができます。 options プロパティはオブジェクトでなければならないが、オブジェクトの配列などの複雑なデータ構造を含むことができる。

    ここにcurlステートメントの一部があり、プラグインのプロパティに必要な name 子プロパティとオプションの options 子供の財産。 渡されたデータは、 options プロパティをプラグインで使用できます。

    "plugins": [{
      "name": "navigateOnVideoEnd",
      "options" : {"redirectURL": "http://docs.brightcove.com"}
    }]

    optionsプロパティを使用する場合は、optionsプロパティを使用することもできます。 embed_in_page player 実装、ここで player タグは、iframeではなくHTMLページに配置されます。 これを行うには、データオブジェクトを作成し、それを引数として渡します。 次に例を示します。

    <script type="text/javascript">
      var options = {"redirectURL": "http://docs.brightcove.com"};
    </script>
    <script>videojs.getPlayer('myPlayerID').navigateOnVideoEnd(options);</script>

    オプションデータを使用する

    options プロパティを使用すると、プラグインにデータを渡すことができます player プラグインの初期化時に使用する構成。 たとえば、 redirectURL 上記のオブジェクトの場合は、プラグイン自体で次の操作を行います。

    videojs.registerPlugin('navigateOnVideoEnd', function (options) {
      var myPlayer = this;
      myPlayer.on("ended", function () {
        window.location.href = options.redirectURL;
      });
    });

    注:標準のプラグイン実装を使用しますが、 options 無名関数のパラメータとして使用します。 値を使用してアクセスすることができます options.propertyName 表記


    ページの最終更新日:28年2020月XNUMX日