サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    Brightcove Player リリースノートはこちら

    このページは追跡します Brightcove Player リリース情報

    バージョン6 - v6.45.4

    10月9 2020

    • VHS 2.1.0に更新しました
    • Video.js 7.9.3に更新しました
    • サポートの回帰を修正 language 動画埋め込みの属性。 このユースケースは非推奨です。 language <video>または<video-js>要素の有効な属性ではありません!
    • クエリパラメータを含むプレビューとファイルURLの失敗を修正
    • 次にDRMバージョンを表示します player 発見可能な場合は情報モーダル
    • VHS 2-の包含 VHS 2.1.0 Brightcove Player の大きなマイルストーンです Brightcove。 この再生エンジンのメジャーアップデートにより、将来の多くの機能強化が可能になります。 これは、何ヶ月にもわたる舞台裏での努力、テスト、改良の集大成を表しています。 違いはありません player 行動は視聴者の視点から気づかれます。 VHS 2の提供に貢献してくださった皆さん、おめでとうございます!

    バージョン5 - 5.28.1

    11月27 2017

    • 許可する playsinlinemuted のオプション player レベル
    • 延長する bc 埋め込みごとのプロパティを持つグローバル。 要するに、これは複数同時のサポートを改善します player■高度な/ページ内埋め込みを使用した単一ページ。 ただし、5.xと6.xを混在させる playersは、状況によってアイコンが表示されなくなる可能性があるため、まだお勧めできません。 詳細については、このトピックに関するドキュメントの形式で提供されます。
    • の問題を修正しました。 ビッグプレイボタン 欠けていた players iOS 11でGraphiteスキンを使用する
    • 誤ったPES_packet_lengthヘッダーを含む一部のID3タグを解析する問題を修正しました

    以前のリリース

    バージョン6 - v6.44.3

    8月5 2020

    • 特別な構成を介したSSAIによるIMA CSAIプリロールのサポートを追加(ドキュメントは近日公開)
    • に更新 Video.js 7.9.2
    • Chromecastデバイスの断続的な初期化エラーを修正しました
    • 固定の player 全画面を離れるとiPhoneでコントロールが応答しなくなる
    • アプリケーションIDのサポートにおける回帰を修正しました
    • をサポートするための回帰を修正しました "hls": true 構成。 この構成は実際には以前は何もしていませんでしたが、最近の変更によりそれが壊れました playerそれがあったs。
    • サポートの回帰を修正 language 動画埋め込みの属性。 このユースケースは非推奨です。 language は有効な属性ではありません <video> or <video-js> 素子!

    バージョン6 - v6.42.4

    6月20 2020

    • iOS / iPhoneの最新バージョンのネイティブフルスクリーンにキャプションが表示されない回避策を追加
    • SSAIパラメータをChromecastレシーバーに渡す問題に対処しました
    • サムネイルトラックのみを追加します videojs-thumbnails 使用中です。 これにより、一部のユーザーに対して記録されていた、害はないが見苦しいエラーメッセージが解決されます。

    バージョン6 - v6.42.1

    14月2020

    • 送信 video_engagement 新しいレンディションが選択されたときのイベント
    • に更新 Video.js 7.8.1@ videojs / http-streaming 1.13.2
    • バグ修正:サムネイルWebVTTを選択するときにプロトコルを検討する
    • バグ修正:iframe埋め込みでのデフォルト言語の検出

    バージョン6 - v6.41.1

    6月2020

    • VTTサムネイルURLをサポート Playback API 回答
    • バグ修正:確実に送信する play_request プレロール広告があるとき
    • バグ修正:に更新 Video.js 7.7.6
    • バグ修正:iOSおよびAndroidでの自動再生検出の問題に対処しました

    バージョン6 - v6.40.3

    4月7 2020

    • iOSおよびAndroidでの自動再生検出の問題に対処しました

    バージョン6 - v6.40.2

    月27 2020

    • Edge Playback Authorizationのサポートが追加されました
    • アラビア語(ar)のサポートを追加
    • 6.38.0で導入された言語処理のリグレッションを修正しました
    • Video.js HTTP Streamingをv1.12.3に更新し、品質レベル、ライブスタートアップエラーなどの問題を修正
    • gzip圧縮でのみ配信されるリモートファイルの問題を修正
    • クエリパラメータと特殊文字を含むファイルでビルドが失敗しないように問題を修正しました
    • videojs-errorsを4.3.2に更新しました

    バージョン6 - v6.38.4

    月8 2020

    • ユーザーが特定の再生レートを設定した場合のエンゲージメントの報告に関する問題を解決しました
    • に更新 Video.js 7.7.4
    • との互換性の問題を修正 Brightcove Player v6.38.0とIMA3プラグインv3.4.0
    • 追加されました player ネイティブのPicture-in-Pictureボタンを無効にするための構成パラメーター。 ネイティブのピクチャーインピクチャーボタンを非表示にするには、 "picture_in_picture_control": false in player を使用した構成 Studio JSONエディター。 これはPicture-in-Pictureプラグインとは異なります。
    • 中国語(簡体字)-zh-Hans-および中国語(繁体字)-zh-Hant-翻訳された文字列の文字セットのサポートを追加
    • DRMに関する問題と、ヘッドフォンのプラグを抜くことによって発生するエラー

    バージョン6 - v6.37.5

    18 Dec 2019

    • に更新 Video.js 7.6.6

    バージョン6 - v6.37.4

    11月18 2019

    • Windows 11上のIE8.1でのDRM再生を修正
    • 古いバージョンのSSAIプラグインでの広告再生中のボリュームコントロールの色を修正

    バージョン6 - v6.37.3

    10月24 2019

    • 属性が正しく認識されない回帰を修正しました loop , mutedplaysinline

    バージョン6 - v6.37.2

    10月22 2019

    • に更新 httpストリーミング 1.11.1

    バージョン6 - v6.37.1

    10月9 2019

    • Widevine HLS再生のサポートが追加されました
    • 更新しました Video.js 7.6.5へ

    バージョン6 - v6.36.6

    10月1 2019

    • デフォルト以外のプリロード値のサポートのリグレッションを修正

    バージョン6 - v6.36.5

    6 9月2019

    • サポートの追加 suppress_not_supported_error player 設定
    • バグ修正:を破棄する問題を修正 player 〜10秒後にエラーを記録します
    • バグ修正:の命名を修正 data-delivery-config-id 属性を使用する。
    • バグ修正:ギャップとスタッターに関する再生関連のいくつかの問題を修正しました
    • バグ修正:ローカライズされた6.31.1のリグレッションを修正 playerエラーに
    • バグ修正:ユーザーがフォーカスされている場合のキーボードショートカットを無効化 contenteditable フィールド
    • バグ修正:RequireJS以外のAMDローダーの使用によるエラーを回避
    • バグ修正:テキスト入力要素をターゲットにするとコンテキストメニューが表示されないようになりました
    • 更新しました Video.js 7.6.5へ
      • このVideo.jsアップデートには、新しいピクチャーインピクチャーボタンのサポートが含まれています。 これは、同じ名前のプラグインとは異なり、一部のブラウザーで使用可能なネイティブPiPサポートを指します。
      • このボタンは、ブラウザがWICG仕様を介してネイティブPiPをサポートしている場合にのみ表示されます。 現在、これにはSafariは含まれていません。
      • ボタンは表示されません player 広告プラグインで構成されています。
    • アップデイト httpストリーミング 1.10.6へ

    バージョン6 - v6.35.2

    7月24 2019

    • ライブストリームの自動再生後、最初にDVRウィンドウにシークすると問題が発生する問題を解決 player 代わりにライブエッジにシークする
    • Firefoxの問題を回避した oncontextmenu イベントトリガー click イベント

    バージョン6 - v6.35.1

    6月18 2019

    • 動的配信ルールのサポートを追加しました
    • サポートの追加 playback_rates player 設定
    • 更新しました Video.js HTTPストリーミング 1.10.3へ
    • 更新しました Video.js 7.5.5へ
    • ホットキーを再度有効にしました。 観察された問題はVideo.js 7.5.5で修正されるべきです

    バージョン6 - v6.34.3

    7月2019

    • SSAI + HLSeを含むようにPlayback Authorization Serviceのサポートを拡張しました。
    • Video.js 7.5.4およびhttpストリーミング1.10.1に更新
    • バグ修正:x-smallおよびtiny sensitiveで進行状況コントロールを非表示にしない player サイズ。
    • バグ修正:プラグインの順序が分析に影響を与えないようにする。
    • バグ修正:正しく失敗する player リモートアセットをダウンロードできなかったときにビルドされます。
    • バグ修正:プラグインが設定されている場合にエラーを記録しますが、見つからないか、エラーをスローします。
    • バグ修正:顧客のバグレポートにより、新しいホットキー機能を無効にします。 恒久的な修正は近日提供予定ですが、誤動作をできるだけ早く停止したいと考えていました。 ご不便をおかけして申し訳ありません。

    バージョン6 - v6.33.1

    4月25 2019

    • お客様のバグレポートにより、新しいホットキー機能を無効にします。 恒久的な修正は近日提供予定ですが、誤動作をできるだけ早く停止したいと考えていました。 ご不便おかけしてすみません。

    バージョン6 - v6.33.0

    4月19 2019

    • のサポートを追加しました Brightcove 再生認証サービス
    • 追加されました volume_orientation player ボリュームパネルの向きを制御するための設定(デフォルトは 水平な )
    • サポートする {PLAYER_CLASS} 組み込まれたカスタムCSSファイルのトークン player 構成
    • にアップグレードしました Video.js 7.5および有効なデフォルトのホットキーのサポート( f フルスクリーン用 m ミュート用、そして kスペース 遊び/一時停止用)
    • 新しいを使う Video.js Live UIが player レガシーDVRUXプラグインで構成されている
    • バグ修正:モバイル/タッチデバイスでinactivityTimeoutが無視される問題を修正
    • バグ修正:トラックボタンメニューのラベルを小文字にしてはいけない
    • バグ修正:フルスクリーンコントロールが無効の場合、フルスクリーンへのダブルクリックのサポートを無効にする
    • バグ修正:セグメントメタデータトラックのカスタムセグメントプロパティを公開する
    • バグ修正:IE11 / Win7の短いビデオの再生問題を修正
    • バグ修正:未知のID3フレームを無視する
    • アップグレード httpストリーミング 1.9.3へ
    • アップグレード Video.js 7.5.3へ
    • アップグレード videojs-playlist 4.3.1へ

    バージョン6 - v6.31.1

    月6 2019

    • から関連動画を取得するためのサポートを追加しました Playback API
    • バグ修正:ID3が発生する問題を修正しました cuechange イベントがiOS 12で機能していなかった
    • バグ修正:マウスタイムツールチップがプログレスタイムツールチップの上に表示されるようになりました
    • バグ修正:同じものを使う inBandMetadataTrackDispatchType それは mux.js
    • バグ修正:MediaSourceによって例外がスローされないようにする
    • バグ修正:iOS Chromeでネイティブキャプションを使用し、正しく機能するように

    バージョン6 - v6.30.1

    2月8 2019

    • 自動遅延を許可する player 構成を使用して、広告ブロック検出が決定を行うまでの初期化 "wait_for_ad_block_detect": true 。 この高度な設定は現在、 Player Management API そしてそれをサポートする短期計画は存在しません Studio.
    • アップデイト videojs-playlist 4.3.0へ
    • 更新しました video.js 7.4.3へ

    バージョン6 - v6.29.2

    月15 2019

    • アカウントを作成し playerデフォルトでブラウザのサイズに応答する 1
    • バグ修正:HLS / DASHソースハンドラをきれいに処分する
    • バグ修正:時折起こる問題を解決する Brightcove Player 落とした video_impressionvideo_view IMA3プラグインv3.xおよび autoplay on
    • バグ修正:sendBeacon APIの使用をロールバックして、ビーコン障害の0.1%増加を元に戻します
    • 更新先 Video.js 7.4.2 2
    • バグ修正:と併用した場合 track タグ、 default 属性が正しく機能し、キャプションが自動的に開始されるようになりました。

    1 この文脈では、 player 「デフォルトでブラウザのサイズに応答する」は、 player 体液。 以下は新機能を明確にするはずです:

    • 明確にするために:静的 playerいきなり体液にならない!
    • このコンテキストで「レスポンシブ」を使用するということは、新しいVideo.jsレスポンシブオプションを Brightcove Player デフォルトでは(Video.jsではデフォルトでオフになっています)。 このオプションは vjs-layout-* に適用されるクラス player のサイズが常にデフォルトのブレークポイントセットに基づいて player 変更されました。 つまり、「応答性」は実際にはブラウザのビューポートサイズではなく、埋め込まれた player.
    • この新しいVideo.jsオプションに基づいて、XNUMXつの小さなUI調整が行われました。 これらの調整が多くのユーザーに影響を与えることはないと予想されますが、完全を期すために、次のようになります。
      • キャプションの設定ダイアログ
      • ソーシャルプラグインダイアログ
    • レスポンシブ埋め込みを持っているユーザー Studio またはVideo.jsの流体オプションを介して新しいものを利用することができます vjs-layout-* 彼らを改善するためのクラス player に基づくUIのカスタマイズ player サイズ。 静的サイズの埋め込みを持つユーザーは引き続き vjs-layout-* 彼らに適用されるクラス player、ただしサイズが変わらない限り変更されません player 実行時に変更されます。
    • 小幅用 player 実装(425pxなど)では、コントロールバーの一部のボタンが非表示になる可能性があります。 レスポンシブ機能を失うことになりますが、次のコードはボタンが非表示になるのを防ぎます。
        <script>
          videojs.getPlayer('myPlayerID').ready(function() {
            var myPlayer = this;
            myPlayer.responsive(false);
          });
        </script>

    2 Video.js v7.4.2には、ライブストリーミングの新機能が含まれています。 Live テキストインジケータ。 ゼロからスキンを作成していて、 skin: false 属性を確認するには、次のCSSを含める必要があります。 Live インジケータが表示されない:

      .video-js:not(.vjs-live) .vjs-live-control,.video-js.vjs-liveui .vjs-live-control {
        display: none;
      }

    バージョン6 - v6.28.1

    12 Dec 2018

    • 追加 useBandwidthFromLocalStorage レンディションの選択のために帯域幅の測定値を保持するオプション
    • バグ修正:広告プラグインのサポートに関連するAnalyticsのメンテナンスと改善。
    • バグ修正:潜在的なXSS攻撃ベクトルを修正 Player.
    • バグ修正:統合によりコントロールバーが破棄された場合にエラーがスローされないようにする
    • バグ修正:メニューの章名を変換しない

    バージョン6 - v6.27.0

    11月15 2018

    • バグ修正:コントロールにタブ移動すると、Lunaスキンでコントロールバーが上下にシフトする
    • バグ修正: Player CTA-608パーサーでスローされた例外によるタイムアウト
    • Video.js 7.3.0にアップグレード

    バージョン6 - v6.26.0

    11月2 2018

    • 設定を許可する vtt.js 場所
    • ダイナミックデリバリーマルチ期間コンテンツのサポートが追加されました

    バージョン6 - v6.25.3

    25 9月2018

    • リファラーをiframeオプションとして設定できるようにする
    • ループ属性を使用しているときにセグメントロードに関する問題を修正しました。
    • コンテキストメニューが外部にある可能性がある問題を修正しました player
    • 誤って発生した進行状況イベントがタイムアウトエラーを防止する問題を修正しました
    • Flashを使用して、 player ライブウィンドウの外にいる場合、ライブを求めない
    • 後に自動再生を無効にする問題を修正しました player 初期化は尊重されません
    • iOSのAdBlock Proを正しく検出する問題を修正しました
    • IEとEdgeで手動で品質を変更した後に再生が途切れる問題を修正
    • アップグレード Video.js 7.2.4へ
    • 利用可能な場合は、 sendBeacon ウィンドウのアンロード時に保留中のメトリックを送信しようとします

    バージョン6 - v6.24.1

    19 9月2018

    • 100アイテムに対するデフォルトプレイリストのページあたりの制限が増加しました
    • バグ修正:Android Chromeの問題を修正しました playerのコントロールバーが正しく表示されない
    • バグ修正:の問題を修正 catalog.getLazySequence() メソッドが複数のシーケンスで機能しない

    バージョン6 - v6.23.0

    11 9月2018

    • 新機能:ループをiframeの構成、オプション、またはクエリパラメーターとして設定できるようにします
    • 内部タイミングの問題が原因で、エンゲージメントが10秒間隔でドロップをときどき表示する可能性がある問題を修正しました
    • にアップグレードしました Video.js 7.2.2

    バージョン6 - v6.22.8

    8月27 2018

    • v6.22.5で導入された、セグメント化されたストリームの再生時に再生機能を破壊する問題を修正しました

    バージョン6 - 6.22.7

    8月23 2018

    • カタログのカスタムベースURLが正しく設定されていなかった問題を修正しました。 これにより、IP制限のあるコンテンツの再生に失敗しました
    • 制限を超えてURLの長さをプッシュする場合、ビーコンを含む必須ではないパラメーターを送信しません

    バージョン6 - 6.22.5

    8月14 2018

    • 追加されました Playback API のサポート AD_CONFIG_NOT_FOUND エラー、再生リストの制限/オフセットクエリパラメータ、および一般的な get 約束を返すことができる方法
    • 文字列値を使用したサポート autoplay オプションとして、または player 構成、許可 Brightcove Player ネイティブの自動再生をバイパスして、自動再生自体を試行する
    • にアップグレードしました Video.js 7.1.0
    • コードのリファクタリング:iOSのミュート切り替えボタンに関連する冗長なコードが削除されました player Video.js 7.1.0にあります
    • バグ修正:
      • メモリーリークの考えられるXNUMXつの原因を修正する player 廃棄
      • 手動品質選択時にバッファをクリアする
      • デマルチプレックスされたストリームの切断後に続行
      • 自動再生で自動再生が成功しない場合にライブコンテンツのビッグ再生ボタンが表示されるようにする
      • 問題を修正します。 ad_config_id SSAIソースの場合はスキップできます
      • iOS 9でエラーをスローする可能性がある問題を修正します。 この問題は、プレリリースステータスから外れませんでした

    バージョン6 - 6.21.0

    7月26 2018

    • ラテン語以外の608キャプション文字がIEで正しく表示されない問題を修正しました
    • fmp608セグメントの4キャプションのサポートが追加されました

    バージョン6 - 6.20.0

    7月19 2018

    • 複数のオーディオトラックがFlashで同時に再生される問題を修正しました
    • にアップグレード Video.js 7.0.5 (Internet Explorer 9および10はサポートされなくなりました。https://support.brightcove.com/brightcove-を参照してくださいplayer-詳細はシステム要件)

    バージョン6 - 6.19.2

    6月29 2018

    • アップグレード Video.js バージョン6.10.3へ

    バージョン6 - 6.19.1

    6月12 2018

    • レスポンシブ/流体のデフォルトのサイズを修正 playersは16:9
    • 構築時にカタログIDを適切にエンコードする Playback API URLは
    • HLSeフラッシュ再生での吃音問題を修正

    以前のリリース

    バージョン6 - 6.19.0

    23月2018

    • を使用して再生される最初のビデオの開始時間を設定するためのサポートが追加されました data-start-time 属性を使用する。
    • いくつかのプロパティを公開しました mediainfo 前のオブジェクト
    • 更新しました player 詳細の検出をサポートする情報モーダル Brightcove プラグインおよび複数のページはめ込みに関する問題の修正 player 埋め込む
    • にアップグレードしました videojs-errors 4.0.0

    バージョン6 - 6.18.4

    15月2018

    • バグ修正:コントロールバーが最小化され、メニューボタンがフォーカスされている場合、Lunaでメニューを非表示にする
    • 自動再生を待機している間ビッグ再生ボタンを非表示にし、コードを微調整して手動で自動再生を処理するという古い動作(v6.17.5で削除)を復元

    バージョン6 - 6.18.3

    2月2018

    • 問題を解決しました bc() プラグインのゲッターは初期化プロセスを混乱させる可能性があるため。 使用することに注意してください bc() or videojs() ゲッターはお勧めしません-使用してください videojs.getPlayer() 代わりに!
    • チャプターメニューの名前を大文字にすることがなくなりました
    • 再生ボタンにフォーカスするとモバイルでコントロールバーが表示されたままになる問題を修正しました
    • HLS再生で一時停止が再生要求に割り込むと、非破壊エラーメッセージが表示されない
    • フルスクリーンコントロールが無効のときに調整された最後のメニュー位置
    • iframe埋め込みの広告のフェイルオーバーを修正しました。

    バージョン6 - 6.18.1

    4月19 2018

    • を追加するためのサポートを追加 playerカタログ検索および/または一連のクエリによるのプレイリスト
    • クエリ文字列パラメーターをiframeのグローバルウィンドウオブジェクトにアタッチする方法を説明する構成を許可する players
    • サポート ad_failover player クライアント側のIMA広告またはサーバー側のSSAI広告を選択するための構成
    • に更新 Video.js 6.8.0

    バージョン6 - 6.17.5

    月28 2018

    • 元に戻しました:Chrome 66の自動再生ポリシーの変更により、自動再生を待機している間、ビッグ再生ボタンを非表示にしないようになりました。 Brightcove より完全に機能する方法で、今後数週間でこの動作を置き換える予定です。
    • 以前はプロトコル相対URLを使用していたHTTPS URLを使用します。 これは、プロトコル相対URLがを使用して解釈された、一般的ではなく公式にサポートされていないプラットフォームで見られたいくつかの問題に対処する可能性があります ファイル: プロトコル。

    バージョン6 - 6.17.3

    月6 2018

    • にアップグレード Video.js 6.7.4へ
    • バグの修正
      • プログレスコントロールがSSAIソースと正しく動作しない原因となったVideo.jsのリグレッションを修正
      • ライブストリームでのEXT-X-PROGRAM-DATE-TIMEの使用を修正
      • 少なくともXNUMX人の顧客で破損が発生した後、変更を新しいCSS縮小に戻します player
      • 6.16.0で導入された、OnceUXの原因となるバグに対処 playerエラーをスローするs
      • を取得するための回帰を修正 player 技術者のID

    バージョン6 - 6.16.5

    2月26 2018

    • バグの修正
      • 少なくともXNUMX人の顧客で破損が発生した後、変更を新しいCSS縮小に戻します player

    バージョン6 - 6.16.2

    2月20 2018

    • 待機中に大きな再生ボタンを隠す autoplay
    • videojs-playlist 4.2.0に更新し、追加する duringplaylistchange イベントと rest のオプション shuffle() 方法
    • にアップグレード Video.js 6.7.1
    • バグの修正
      • 再び落ちる player_name 可能な場合はiframeタイトルとして、カタログビデオ名をiframe名として設定
      • 特定の動画が最後のXNUMX秒程度のエンゲージメントを報告しない問題を修正する
      • 使用する場合は、IMAおよびFreeWheelプラグインを初期化してから、 player 準備ができて
      • FlashベースのソースハンドラをDASHソースでスキップする
      • ことを確認してください autoplay 埋め込みコードによるものかどうかは適切に尊重され、 player 構成、またはクエリ文字列パラメーター(iframeの場合)
      • Flashとページはめ込みエクスペリエンスを再生するためにXNUMX回のクリックが必要な問題を修正しました
      • コントロールバーが最小化されているときにLunaの垂直ボリュームメニューを隠す
      • ブラックリストプレイリストは、最初の選択前のブラウザーメディアソースではサポートされていません

    バージョン6 - 6.13.0

    月17 2018

    • Linuxを使う Flashls FlashベースのHLS再生用
    • いくつかを公開する player メタデータと構成 bcinfo player 財産
    • 常に縮小されたVideojs CSSを使用する
    • プレイリストの表示/非表示は設定されたCSSの色を切り替えます
    • 更新先 Video.js 6.6.1

    バージョン6 - 6.12.1

    月9 2018

    • Linuxを使う <video-js> iframeの要素を埋め込み、許可する <video-js> ページはめ込み埋め込みの要素
      • この新しい要素はVideo.js 6.5.0で導入され、以下の場合に役立ちます ネイティブコントロールのフラッシュ ネイティブ <video> 要素のコントロールは、 player 完全にロード
      • これはページはめ込み埋め込みのオプトインであり、当面、提供される埋め込みコードは変更されていません
    • いくつかを公開する player メタデータと設定 bcinfo player 財産
    • 6.6.0のVideo.js 6.4.0へのアップデートには以下が含まれます:
      • デバッグログのサポートが追加されました
      • playerresize 上のイベント Player ディメンションAPI呼び出し
      • ロードスピナーを表示する前に遅延を追加する(CSS変更)
      • <video-js> 要素のサポート
      • その改善 play() 非同期ソース設定をサポートするメソッド
      • UXの改善を追求/スクラブする
      • 多くのメモリリークの修正
    • videojs-playlistを4.1.0にアップデートしてください:
      • このプレイリストAPIの更新は、すべてのプレイリストの実装に影響します
      • 新しいメソッドを追加します。 currentIndex() , nextIndex() , previousIndex() , lastIndex() , sort() , reverse() および shuffle()
      • sort() , reverse() および shuffle() メソッドは、 playlistsorted イベント。プレイリストUIプラグインでは現在サポートされていません-デフォルトまたはレガシーのいずれか。 Brightcove 今後数週間以内に更新をリリースする予定です

    バージョン6 - 6.10.2

    11月29 2017

    • プレビューする問題を修正 playerプレイリストを含むsが正しく表示されませんでした

    バージョン6 - 6.10.1

    11月27 2017

    • 拡張された bc 埋め込みごとのプロパティを持つグローバル。 要するに、これは複数同時のサポートを改善します player■高度な/ページ内埋め込みを使用した単一ページ。 ただし、5.xと6.xを混在させる playersは、状況によってアイコンが表示されなくなる可能性があるため、まだお勧めできません。 詳細については、このトピックに関するドキュメントの形式で提供されます。
    • に更新 Video.js 6.4.0
    • に更新 videojs-playlist 4.0.2
    • 問題を修正した playerのプレイリストUIで構成されたs Studio 正しくレンダリングされない
    • 正しくないID3タグを解析する問題を修正しました。 PES_packet_length ヘッダ

    バージョン6 - 6.9.0

    11月7 2017

    • IE11でのHLS再生にMSEを使用する
    • CEA-608キャプションが間違ったCCチャンネルに配置される問題を修正しました

    バージョン5 - 5.27.0

    11月7 2017

    • IE11でのHLS再生にMSEを使用する
    • CEA-608キャプションが間違ったCCチャンネルに配置される問題を修正しました

    バージョン6 - 6.8.3

    10月24 2017

    • 小さなライブウィンドウのあるライブストリームでの再バッファリングとストールの削減。

    バージョン5 - 5.26.6

    10月24 2017

    • 小さなライブウィンドウのあるライブストリームでの再バッファリングとストールの削減。

    バージョン6 - 6.8.2

    10月18 2017

    • 複数のオーディオトラックが埋め込まれているストリームの歪んだオーディオを修正しました。
    • Flashを使用して再生する場合は、多重化されていないオーディオおよびビデオHLSソースの優先順位を下げます。
    • 更新されたVideo.js v6.3.3

    バージョン5 - 5.26.5

    10月18 2017

    • 複数のオーディオトラックが埋め込まれているストリームの歪んだオーディオを修正しました。
    • Flashを使用して再生する場合は、多重化されていないオーディオおよびビデオHLSソースの優先順位を下げます。
    • 更新されたVideo.js v5.20.4

    バージョン6 - 6.7.1

    10月4 2017

    • DVRプラグインでストリームの先頭までスクラブする問題を修正しました。
    • コーデック情報がないためにオーディオのみに切り替えようとしたときのタイムアウトエラーを修正しました。
    • プレイリストプラグインでソースを切り替えるとキャプションが表示されない問題を修正しました。
    • オーディオトラックを切り替える際に長い遅延が発生する問題を修正しました。
    • より良い自動再生動作をサポートするためにVideo.jsを6.2.8に更新してください。

    バージョン5 - 5.26.2

    10月3 2017

    • グラファイトでコントロールが欠落していた問題を修正 players iOS 11
    • DVRプラグインでストリームの先頭までスクラブする問題を修正しました
    • コーデック情報がないためにオーディオのみに切り替えようとしたときのタイムアウトエラーを修正
    • プレイリストプラグインでソースを切り替えるとキャプションが表示されない問題を修正しました
    • オーディオトラックを切り替える際に長い遅延が発生する問題を修正しました

    バージョン6 - 6.7.0

    13 9月2017

    • 非推奨のRequireJSモジュールを追加し、 require_js_anonymous player それを制御するための設定
    • 問題を解決しました エラー でトリガーされたイベント player contrib-adsの再生中に認識されない

    バージョン5 - 5.26.0

    13 9月2017

    • 指定されたRequireJSモジュールを廃止し、 require_js_anonymous player それを制御する構成。
    • 問題を解決しました エラー でトリガーされたイベント player contrib-adsの再生中は認識されません。

    バージョン6 - 6.5.2

    8月25 2017

    • モバイルでオーディオのみのレンディションが最初に選択されていた問題を修正しました
    • コンソールでのプラグインの重複登録と非推奨の警告に対処しました
    • 自動再生がに適用されない問題を修正しました player クエリパラメータを介して追加された場合
    • でのフリーホイールの表示を修正 player 情報モーダル
    • IE11およびその他のFlashベースの環境でミュートされたクエリ文字列パラメーターを修正
    • いくつかの問題を修正しました player サイジングが正しく動作していませんでした

    バージョン5 - 5.24.5

    8月25 2017

    • モバイルでオーディオのみのレンディションが最初に選択されていた問題を修正しました
    • 自動再生がに適用されない問題を修正しました player クエリパラメータを介して追加された場合
    • でのフリーホイールの表示を修正 player 情報モーダル

    バージョン6 - 6.5.0

    8月3 2017

    • セッションIDを追加し、 Player 要素ID player 情報モーダル
    • iOS 10.3でネイティブコントロールとカスタムコントロールの両方が表示される問題を修正しました
    • 間欠的な問題を修正 addSourceBuffer エラー
    • 削除済み autoplay if iOS 10の場合 playsinline or muted 存在しない

    バージョン5 - 5.24.3

    8月3 2017

    • iOS 10.3でネイティブコントロールとカスタムコントロールの両方が表示される問題を修正しました
    • 間欠的な問題を修正 addSourceBufferエラーです。

    バージョン6 - 6.4.1

    7月25 2017

    • オーディオのみのHLSプレイリストが再生できない問題を修正しました。
    • 可能であれば、メトリックにエラータイプを送信する
    • HLS再生におけるABRアルゴリズムの改良
    • トリガー analytics_request のイベント player メトリックを送信するとき
    • 更新しました Video.js v6.2.1へ

    バージョン5 - 5.24.1

    7月25 2017

    • オーディオのみのHLSプレイリストが再生できない問題を修正しました。
    • 可能であれば、メトリックにエラータイプを送信する
    • HLS再生におけるABRアルゴリズムの改良
    • 削除に関する問題を修正しました autoplay いずれか playsinline or muted 不足している
    • デマルチプレクスされたオーディオがビデオの最後でカットオフされる問題を修正しました。
    • PESパケットがセグメント間で分割されると、ビデオとオーディオが非同期になる問題を修正しました

    バージョン6 - 6.3.2

    7月10 2017

    特徴

    • にアップグレードしました Video.js 6
    • Video.js 6は、ミドルウェア、高度なプラグイン、およびアクセシビリティとUIの改善をサポートします
    • Internet Explorer 8のサポートを削除
    • 近代化され、黒鉛の皮膚を微調整
    • 更新しました Video.js 6.2.1へ
    • 更新しました videojs-errors 3.0.2へ
    • セッションIDを追加し、 player エラーモーダルのID
    • 定義を許可する playlistVideoId クエリ文字列または data-playlist-video-id 最初の再生リストビデオをトリガーする属性
    • アップデイト videojs-contrib-hls v5.7.0へ

    バグの修正

    • メディアキューポイントのプロキシトラックがプロキシされたトラックを誤って識別する可能性がある問題を修正しました
    • IMA3プラグインを使用している問題を解決しました 演奏 モードは、 video_view プレロールの前に報告されるイベント ad_start イベント
    • 正しく送信してください player 初期化後にビデオ要素にデータ属性が設定されている場合、値を分析に
    • 問題のあるエラーコードをロールバックする
    • 問題を修正した player 識別情報が分析プラグインに渡されませんでした
    • 追加の翻訳を追加しました Video Cloud リソースエラーと player 情報モーダル
    • player 報告します VIDEO_NOT_PLAYABLE から来るエラー Video Cloud player UI
    • iOSでエラーが発生する問題を修正しました
    • デマルチプレクスされたオーディオがビデオの最後でカットオフされる問題を修正しました。
    • PESパケットがセグメント間で分割されると、ビデオとオーディオが非同期になる問題を修正しました
    • の問題を修正しました。 player 音声がデマルチプレクサされたレンディションスイッチの後にフリーズする

    バージョン5 - 5.23.2

    7月7 2017

    • player Video CloudからのVIDEO_NOT_PLAYABLEエラーが player UI
    • デマルチプレクスされたオーディオがビデオの最後でカットオフされる問題を修正しました。
    • PESパケットがセグメント間で分割されると、ビデオとオーディオが非同期になる問題を修正しました。
    • の問題を修正しました。 player 音声がデマルチプレクサされたレンディションスイッチの後でフリーズします。
    • iOSでエラーが発生する問題を修正しました。
    • フォーカスしているときに音量コントロールにジッタが入る問題を修正しました。
    • の問題を修正しました。 player 再生が停止したときに、読み込み中のスピナーが表示されませんでした。

    バージョン6 - 6.1.1

    30月2017

    • 問題を修正した player 識別情報が分析プラグインに渡されませんでした
    • 追加の翻訳を追加しました Video Cloud リソースエラーと player 情報モーダル

    バージョン5 - 5.22.4

    6月6 2017

    • 問題を修正した player 識別情報が分析プラグインに渡されませんでした
    • 問題を修正した player の存在にもかかわらずミュートされていません muted クエリパラメータ
    • 追加の翻訳を追加しました Video Cloud リソースエラーと player 情報モーダル
    • rebuffering統計計算の修正

    バージョン6 - v6.1.0

    18月2017

    • セッションIDと player エラーモーダルのID
    • 定義できる playlistVideoId クエリ文字列または data-playlist-video-id 最初の再生リストビデオをトリガーする属性
    • IMA3プラグインを使用している問題を解決しました onplay モードにより、 video_view プリロールの前に報告されるイベント ad_start イベント
    • 固定の player IE8の失敗
    • 正しい送信 player 初期化後にビデオ要素にデータ属性が設定されている場合、値を分析に
    • 問題のあるエラーコードをロールバックする
    • アップデイト videojs-contrib-hls v5.5.3へ

    バージョン6 - 6.0.2

    4月20 2017

    • メディアキューポイントのプロキシトラックがプロキシされたトラックを誤って識別する可能性がある問題を修正しました
    • 更新しました Video.js 6.0.1へ
    • 更新しました videojs-errors 1.3.1へ

    5.22.2

    6月1 2017

    • 固定の player IE8の失敗
    • 正しい送信 player 初期化後にビデオ要素にデータ属性が設定されている場合、値を分析に
    • 更新しました videojs-contrib-hls v5.5.3へ

    5.22.0

    16月2017

    • 新しいエラーコードが追加されました。 エラープラグインのカスタムエラーセクション ドキュメント
    • 定義する機能が追加されました playlistVideoId クエリ文字列または data-playlist-video-id 最初の再生リストビデオをトリガーする属性
    • Firefox上のHLSの問題を修正し、最後までシークすると再生が最初から開始されることがあった
    • ブラウザでサポートされている最新のHLSバージョンを優先するためのカタログ応答のソースの順序を修正
    • 正しくヌルターミネーションされていないTXXX ID3タグの処理が修正されました。

    5.21.0

    4月27 2017

    • プレイリストの繰り返しサポートを追加しました
    • 追加されました overflow: hidden スクロールバーが表示されないようにするため、LunaおよびGraphite iframe CSSに
    • メディアキューポイントのプロキシトラックがプロキシされたトラックを誤って識別する可能性がある問題を修正しました
    • iPhone、iOS 10、Graphiteで動画を再生できない問題を修正しました playsinline
    • 更新しました Video.js 5.19.2へ
    • 更新しました videojs-errors 1.3.1へ

    5.20.1

    4月12 2017

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    機能/アップデート
    • HLSでのマニフェスト内WebVTTのサポートの追加
    • HLSでの説明オーディオトラックのサポートの追加
    • HLSでのライブストリームのフェイルオーバー動作の改善
      • player タイムリーに更新に失敗したプレイリストを検出し、可能な場合はバックアップソースへの切り替えを試みます
    • 追加されました id3CuePointsTrackmediaCuePointsTrack 〜へ player メタデータトラックを取得します
    • iOSオリエンテーションのバグを修正しました
    • 問題を修正した video_view IMAプラグインがあると報告されない場合がある ondemand モード
    • バグを修正しました player HLSの再生中にFirefoxでシークした後にタイムアウトすることがありました

    5.19.2

    月23 2017

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    機能/アップデート
    • バグの修正 addMediaInfo エラーログ
    • タイムアウトエラーが45秒ごとにループする状況を修正しました。

    5.19.1

    月14 2017

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    機能/アップデート
    • 追加 video_complete 報告し、いくつかのバグを修正する play_request 最終的に video_engagement マルチソースでのレポート players.
    • アップグレード Video.js 5.18.4へ。
    バグの修正
    • 異常な負の開始時間の送信を抑制する悪い修正を削除しました。
    • 防止するいくつかのカスタム再生リストの実装の問題を修正しました video_view 次の動画のためのビーコン。
    • 修正されたフラッシュオーディオスキップ、修正されたサイレントオーディオフレームの挿入、同じ開始時間のメタデータキューのマッピングの修正、非マスタープレイリストソースのタイムアウトの防止。
    • アナリティクスが負の開始時間を報告する可能性がある問題を修正しました。
    • AndroidデバイスでのIMA3広告の再生中に広告コントロールが非表示にならない問題を修正しました。
    • グラファイトとレガシープレイリストのスタイルの問題を修正しました。 player プレイリストによって切り取られました。
    • ミュートのトグルボタンがiOSのプレイリスト内の広告と動画全体で維持されるように修正が追加されました。
    • 後にコントロールが無効になる問題を修正しました player エラー。
    • 相対プロトコルソースURLの解決を修正し、長い一時停止後にライブ再生を再開し、同期点の決定を改善しました。
    • 新しいプレイリストプラグインが使用されている場合、古いプレイリストスタイルは含まれなくなりました。
    • エラープラグインオプションを検証して、設定ミスを防ぐ players.

    5.18.1

    2月23 2017

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    • ブール値を受け入れる true エラー設定オプションとして
    • 追加されました video_complete 報告し、いくつかのバグを修正する play_request 最終的に video_engagement マルチソースでのレポート players
    • バグ修正:新しいプラグインが使用されている場合、古いプレイリストスタイルを含めない
    • バグ修正:ブラウザーコンソールで報告される非推奨警告の発生を削減 mediainfo プロパティ
    • FairPlay HLSの再生に関する問題を修正
    • ほとんどのプラットフォームでDASHコンテンツがMP4より優先されるようになりました
    • HLS再生にインテリジェントな無音挿入を追加して、オーディオフレームの欠落または破損によって引き起こされるセグメント間の予期しないギャップを埋めます

    5.17.0

    2月1 2017

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    • 背景タブの再生を有効にする
    • アナリティクスでIE8との互換性の問題とメモリリークの可能性を修正
    • のいくつかのメモリリークを修正しました player
    • ES3をサポートするHLSビルドプロセスを修正
    • 不正確な問題に対処する start_time_ms 報告
    • 更新先 video.js 5.16.0

    5.15.0

    月20 2017

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    • バグ修正:プレイリストで、プレイリストUIプラグインの検出に関する問題に対処
    • バグ修正:キャプション設定をビューポートサイズにより敏感にする
    • に更新 video.js 5.15.1
    • サポートされている場合、FairPlayソースが最初になるようにソースの順序を修正
    • サポートの追加 ad_config_id
    • その有効/無効のサポートを追加 vjs-contextmenu イベント

    5.13.4

    19 Dec 2016

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    • 更新しました video.js 5.14.1へ
    • 更新しました videojs-contrib-hls 4.0.2へ
    • 更新しました videojs-contrib-media-sources 4.1.2へ
      • リモートのTextTrackを適切に削除することができるので、使い始める
      • cuesがnullの場合、ハンドルをキューから適切に削除する
    • 更新しました mux.js 3.0.3へ
      • 最初のフレームのcompositionTimestampをフラグメントのbaseMediaDecodeTimeに適用するのを停止します
      • 合体ストリームを修正して、保留中のトラックで欠落しているオーディオデータを説明する
    • ネイティブHLSサポートに依存する代わりに、Android ChromeおよびMicrosoft EdgeでMSEベースのHLSを使用します
    • Androidで全画面で向きが変わるのを修正
    • 調整した bc() エイリアス機能 videojs() より密接に。 それらは交換可能に使用できるようになりました
    • の問題を修正しました。 player FirefoxでBootstrapでiframeを使用すると機能しませんでした
    • サポートの追加 crossorigin iframeの構成値またはクエリパラメータ players
    • 更新しました videojs-errors 〜を引き起こす PLAYER_ERR_TIMEOUT Flash swfが応答しない場合

    5.11.4

    10月25 2016

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    • アップデイト videojs-contrib-hls 3.6.6へ
      • バリアントプレイリストでCODECS属性が指定された場合のIE11 / Windows7のエラーを修正
      • 修正する ended リプレイ後に発砲しないイベント
      • iframeをトリミングしないようにする場合は、FLVタグをトリムするだけです
      • オーディオトラックの変更に関するinitセグメントデータを追加する
      • Safariの実装に従うためにID3の動作を正規化する
      • 0の初期帯域幅オプションを許可する
      • Firefox 49で複数の代替オーディオトラックのサポートが追加されました
      • 各セグメントのビデオバッファにinitセグメントを追加する
    • に更新 video.js 5.12.5
    • 更新しました videojs-bc-analytics 2.4.1へ
      • 再生開始時間の報告された値が大きい(正と負の両方)報告されたいくつかのまれなケースに対処する
      • 精度を向上させるために再バッファリング統計のレポートをさらに改善します
    • 更新しました videojs-bc-catalog 3.3.0へ
      • 露出 transformVideoResponse
    • iOS10のデフォルト処理の改善 playsinlinefullscreenchange

    5.10.5

    10月7 2016

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    • iframe埋め込みを使用する場合のiOS 10でのインライン再生とミュートされた自動再生のサポートが追加されました
      • これらの機能のサポートは、iframeで playsinline および muted iframeソースURLのクエリパラメータ(自動再生は既にサポートされています)
      • これらの機能は、適切なHTML属性(例: <video playsinline muted autoplay> )
    • メイド Video Cloud キューポイントは、Safariに存在するため、ネイティブキューのように動作します。 これは、キューポイントの現在の実装には影響しないはずですが、いくつかのエッジケースを解決します
    • Internet ExplorerでFlashが無効になっているユーザー向けに、よりユーザーフレンドリーなメッセージを追加しました
    • 空の広告応答でFreeWheel広告プラグインを使用すると、ビデオビューとエンゲージメントのメトリックが送信されなかった問題を解決しました
    • MacOS 10.10(ヨセミテ)のSafariでFairPlayの問題を修正しました。
    • さまざまなマイナーな内部コードの改善
    • videojs-contrib-hlsを3.6.0に更新しました
      • バージョン1 TFDTボックスを生成するためのサポートが追加されました
      • fMP4サポートを追加
      • その結果生じたバグを修正しました player ライブストリームに最初のセグメントを読み込む
    • videojs-bc-catalog to 3.2.4に更新されました
      • ヨセミテのFairPlayソースでプレイリストを修正
    • video.jsに更新された5.11.7
      • ダブルラップの問題を修正 player iOSで
    • 固定されたコントロールバーは隠れた後に再出現しません
    • iPhoneでフルスクリーンを終了した後にiOS 10に表示されるネイティブコントロールとカスタムコントロールを修正
    • 固定の playsinlinemuted ページはめ込みの属性
    • 固定言語とプリロードクエリパラメータ
    • の問題を修正しました。 閉じる グラファイトスキンを使用すると、モーダルにボタンが表示されませんでした
    • グラファイトスキンの使用時にカスタムコンテキストメニューが表示されない問題を修正しました
    • videojs-bc-catalog to 3.2.5に更新されました
      • いつFairPlay証明書を解決しませんでした 叔父 プラグインは利用できません

    5.9.1

    30 9月2016

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    • HLS FairPlayソースのサポートを追加
    • Flashを無効にしている一部のIEブラウザのメッセージが改善されました
    • マイナーコードの修正と改善

    のバージョン1に更新 Brightcove Player:v1.14.32

    14 9月2016

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    • カタログはDASHソースにHTTPSの優先順位を付けるように指示する
    • Player コンパイルの改善

    5.8.1

    1 9月2016

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    • 問題を修正した bc.SKIN 値が混乱の原因となっていた
    • 更新しました Video.js 5.11.6へ
      • イベントハンドラへの例外処理の追加
      • 固定ラッピングネイティブとエミュレート MediaErrors
      • オーディオトラック間の固定切り替え
      • オーディオボタンにタイトル属性を追加
    • 更新しました videojs-contrib-hls 3.5.3へ
    • 更新しました videojs-errors 1.0.5へ
    • 更新しました 分析論 2.3.1へ
      • 2秒セグメントのHLSビデオでメトリック要求が失敗する問題を修正しました
      • エンゲージメントイベントに帯域幅レポートを追加
    • Dockが説明を正しく表示するようになりました(以前はタイトルが説明として使用されていました)

    5.7.1

    8月15 2016

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    • 右クリックの動作とコンテキストメニューの問題を修正しました
    • iOSで意図しないプリロードが発生する可能性がある問題を修正しました
    • 代替オーディオアイコンの問題を修正しました

    5.6.2

    8月1 2016

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    • v3.3.0からHLSをv3.1.0に更新しました:
      • IEのバグを修正 loadedmetadata 発砲していなかった
      • プレイリストがXNUMXつだけ残っている場合、または利用可能な最低のレンディションを使用している場合、セグメント要求がタイムアウトしないようになりました
      • あるはずのときに最初のセグメントがフェッチされないことがあったバグを修正しました
      • ビデオまたはオーディオフレームが欠落しているために作成されたときに、ビデオ要素のバッファーのギャップをシークするアルゴリズムを追加しました
      • AES解読ロジックを自分のプロジェクトに移した
    • を破棄するときにエラーがスローされる問題を修正しました player
    • IE11でコントロールの移行が早すぎる問題を修正しました
    • マイナーなIE8互換の問題を修正
    • 追加されたa プレーヤー情報 モーダル
      • 古いものを置き換える デバッガ 以前に存在した
      • モーダルは、カスタマーサポートに役立つ情報を提供します。 右クリックして(またはタッチイベントを発生するデバイスの長いタッチを介して)呼び出して選択できます。 プレーヤー情報 メニューから
      • この種類の後続のイベント(右クリック/ロングタッチ)は、デフォルトの動作(つまり、ネイティブコンテキストメニュー)をトリガーします

    5.5.0

    7月6 2016

    今回のリリースで注目すべき機能は次のとおりです。

    • video.jsを5.10.7に更新しました
    • QoE分析の予備サポート
    • マウス操作を広告コントロールに修正
    • すべてのブラウザが確実に発火するように、キューポイントの持続時間が0.5秒になりました

    5.4.0

    6月28 2016

    • video.jsを5.10.5に更新しました
    • デスクトップHLSによる手動レンディション選択の早期アクセスサポート
    • 非ページはめ込み player 埋め込みが適切に無効になりました
    • でセキュリティ問題を修正 player 編集
    • トリガーしない PLAYER長時間継続する広告休憩の場合は_ERR_TIMEOUT
    • Flash再生技術の使用中に「ミュート」および「ループ」属性のサポートを追加

    5.3.4

    6月3 2016

    • videojsを5.10.4に更新しました
    • 複数の代替オーディオトラックのサポート
    • HLSフェッチャーの修正により、セグメントを繰り返しフェッチするケースを削減
    • シーク・ツー・ライブ機能を含むFlashライブストリーミングの修正
    • FlashフォールバックでHLSを実行するときに、単一のデフォルトオーディオトラックを公開します。
    • HLSの高品質な変更に関する問題を修正しました。
    • 不良セグメント化されたHLSのフェッチ動作を強化する
    • HLSセグメント期間の計算に関する問題を修正しました。
    • サラウンドサウンドの問題を修正
    • グラファイトスキンを使用する際のキーボードナビゲーションとコントロールバーの問題を修正しました
    • FairPlayで暗号化されたHLSソースがあれば無視する
    • HbbTV MPEG-DASHソースがある場合は無視する
    • レンディションの選択が、サーバーから既にロードされているプレイリストに切り替わらない問題を修正しました

    5.2.2

    11月2016

    • video.jsをv5.9.2に更新する
    • Windows 11上のIE10でHLSで断続的なエラーを修正しました。
    • HLS XMLHttpRequestオプションを送信する前に設定するメソッドを追加する
    • iframeにネイティブコントロールが一時的に表示される問題を修正しました
    • 時間のツールチップは、 player 境界
    • Video.jsは動的スタイル要素を追加しなくなりました
    • セグメントがキーフレームで始まらない場合、HLSコンテンツの再生が向上するようになりました
    • 大きな再生ボタンを所定の場所に移動したアニメーションを削除する
    • 複数のルナページはめ込みが適切にスタイル設定されていることを確認してください

    5.1.14

    4月19 2016

    • video.js v5.9.0に更新してください。
    • 削除する controls ページはめ込みの属性がコントロールを無効にする
    • ミュートボタンを切り替えると奇妙な音量動作が発生する問題を修正しました
    • 設定の問題を修正しました。 皮膚 プロパティをfalseにしても、いくつかのスタイルが含まれます
    • グラファイトスキンの一部のコントロールバー要素がキーボードからアクセスできない問題を修正しました
    • の問題を修正しました。 ビッグプレイボタン ルナのスキンはキーボードからアクセスできませんでした
    • ドイツ語の翻訳で大文字の誤りが修正されました
    • チャプター付きビデオのプログレスバーにチャプターアイコンが表示されない問題を修正しました

    5.1.12

    月25 2016

    • HTTPSページで再生する場合、HTTPS DASHソースを優先します。
    • video.js v5.8.3に更新してください。
    • 一部のビデオインプレッションとビュートラッキングを改善する player 構成。
    • ドックのフェードアウトアニメーションをコントロールバーと同期させます。
    • HLS:古いIEが既にバッファリングされていたビデオセグメントを再ダウンロードする可能性がある問題を修正しました。
    • bc() 関数は、次のようなビデオ要素ID文字列を受け入れます。 videojs() .
    • 問題のビデオがフルスクリーンで正しく表示されない問題を修正しました。
    • Firefoxおよび一部のIEでプログレスバーが2ピクセルずれていた問題を修正しました。
    • グラファイトスキンセレクタを修正してプレビューの破棄を止めました。
    • ドックのフェードアウトアニメーションをコントロールバーと同期させました。
    • HLS:608解析による問題が修正され、字幕が文字化けしました。
    • HLS:キャプションに音符文字のサポートが追加されました。
    • HLS:Windows 11のIE10でHLSコンテンツの再生に時々問題が発生する問題を修正しました。

    5.1.8

    2月22 2016

    • の基本CSS固有性 player スタイルルールは、LunaスキンのXNUMXつのクラスレベルセレクターに削減されました。 これにより、デフォルトのスタイルルールのオーバーライドが容易になり、Lunaのスタイル設定のカスタマイズがGraphiteスキンとより互換性を持つようになります。
    • video.jsをv5.8.0に更新する
    • 作成に関する問題を修正する player 「display」が「none」に初期設定されているFirefoxのiframe

    5.1.7

    2月22 2016

    • このリリースは、発生していた問題を修正するために必要でした player プレビュー機能。 クライアントコードはまったく変更されていません。

    5.1.5

    2月16 2016

    • ドックの改良
      • フォントサイズの固定
      • 追加されました player ドッキングする説明
      • グラデーションの改善
    • プレイリストピッカーの再生アイコンを修正しました
    • 固定の player iframe内のプレイリストピッカーと一緒にサイジング
    • 全画面固定 player iframeでのサイズ変更
    • IE5を除くすべてのブラウザでES8シムを削除
    • IE8のユーザーエージェント検出の改善
    • IE8のスタイルの不具合を修正しました
    • キューポイントがプレイリストで正しく機能するようになりました
    • Firefoxで「display:none」を使用してiFrame内でnullを返すgetComputedStyle()を回避する
    • グラファイトスキンを含むvjs-fontを含む
    • videojs-contrib-hlsをv1.3.8に更新しました
      • MSEが存在するがmp4をサポートしていない場合は、FlashベースのHLSに戻ります
      • 最初のプレイリストがすぐに404の場合は、他の演奏を試してみてください
      • Firefoxのupdateendイベント処理に関する問題を修正しました
      • 間違った値を報告する 'duration'の不具合を修正しました
      • 「終了」が常に一貫して発生するとは限らないバグを修正
      • ライブストリームでバッファのどの部分がクリアされるかに注意してください

    5.0.9

    月26 2016

    Brightcove Player バージョン5は、HLS再生とユーザーカスタマイズの大幅な改善を含むメジャーアップデートです。

    ほとんどのユーザーは Brightcove Player 8月XNUMX日から自動的に更新されます。最新の機能とバグ修正により最高のエンドユーザーエクスペリエンスを提供するために、ほとんどのお客様は自動更新をお勧めします。 あなたの player また、最新の Brightcove 必要なときに支援するサポート。

    この表は、この更新が特定の機能と要件に基づいてお客様にどのように影響するか、および今のところ自動更新をオプトアウトする必要がある人を示しています。

    現在のプラン player バージョン/機能
    あなたが使用している場合:
    推奨動作

    Brightcove Player バージョン1.x。以下の機能を有効にしてください。

    • 広告(IMA3プラグイン経由)
    • ソーシャル共有
    • カスタムエンドスクリーン
    • 暗号化されたHLS
    • ID3キューポイント
    • Live HLS再生(DVRなし)
    • プレイリスト
    • オーバーレイ
    • カスタムプラグイン
    • HLS再生
    • MP4再生

    処置は必要ありません。 8年2016月XNUMX日以降の自動更新

    手動でのアップデートが利用可能になりました。

    Brightcove Player バージョン2.xまたは5.x(プレリリース)

    処置は必要ありません。 8年2016月XNUMX日以降の自動更新

    スマート Player (レガシー、Flashベース player)

    処置は必要ありません。 Playersは自動的に更新されません。 にログイン Studio 新しい Brightcove Player

    Brightcove Player バージョン1.x。以下の機能を有効にしてください。

    • フリーホイール広告
    • DASH / DRMのサポート
    • OnceUXの統合
    • DVRUX

    必要なアクション: これらの機能は、バージョン5.0ではまだサポートされていません。 またはAPI経由

    Brightcove Player カスタムまたはサードパーティのプラグイン、CSS、またはスキンの変更を含むバージョン1.x

    必要なアクション: バージョン5でカスタマイズをテストしてください。バージョン5にはXNUMXつのスキンが含まれています。

    1. 1.14.xのように見え、最大の互換性のために設計されたグラファイト
    2. ルナ、更新されたルックアンドフィールを備えたデザインされたUI

    デフォルトでは新しい playersはLunaのスキンを取得します。 自動更新 playersはグラファイトを取得します。

    新機能

    Brightcove Player バージョン5では、Flashを使用せずにHLSビデオを新たにサポートしています。 このリリースでは、Media Source Extensions API(MSE)をサポートするすべてのブラウザで、 Brightcove Player HLSビデオを再生できます フラッシュなし! つまり、Firefox、Chrome、Safari、またはMicrosoft EdgeではFlashは使用されません。 Flashは古いバージョンのIEでも引き続き使用されますが、構成によって無効にすることができます。

    MSE HLSには、いくつかの大きなメリットがあります。

    1. 動画は高速で読み込まれ、高解像度と高フレームレートでもスムーズに再生されます。 4Kや60FPSなどのビデオ - 控えめなハードウェア
    2. それはおよそ -50%のCPU負荷 同じビデオをレンダリングするには、バッテリーが長持ちし、ラップトップのファンがオンにならないことを意味します
    3. Flashの使用を制限する節電などのブラウザ設定 に影響を与えなくなりました player 拘らず player￯﾿ᄁ￯ᄒ タ￯ᄒルの寸法

    このリリースのその他の機能は次のとおりです。

    1. 新しいスキン -重要なUXの調査に基づいて、多くの変更を組み込んだ新しいスキンを作成しました。 これらには、新しい中央に配置された大きな再生ボタン、新しい色、新しいシークバーの動作、ドックと呼ばれる新しいタイトルバーが含まれます。 ユーザビリティテストの参加者は、ホバー時に拡大し、特定の時間に簡単にシークできる新しいタイムラインを特に気に入りました。 Lunaと呼ばれるデフォルトの新しいスキンと、現在Graphiteと呼ばれている古い1.xスキンのどちらかを選択できます。
    2. ライブキャプションの初期サポート -このリリースでは、多くの608/708キャプションエンコーディングシステムがサポートされるようになりました。 これには、人気のあるポップオンおよびロールアップのメソッドと基本的なスタイルのサポートが含まれます
    3. 互換モード すべての1.xおよびVideo.js 4.xプラグイン。 (DASH / DRM、FreeWheel、OnceUXプラグインを除く-第1四半期に更新予定)

    また、このバージョンでは、カスタマイズ用のプログラミングモデルを改善するために、スキンモデルやプラグインのAPIの簡素化など、多くの更新を行いました。 これらの変更により、最新のオープンソースリリースであるVideo.js 5が最新の状態になります。また、Video.jsと Brightcove Player リリース。

    v1.14.30

    11 Dec 2015

    このリリースで注目すべき変更点は次のとおりです。

    • ポスターまたはサムネイル画像の空の配列を返すカタログリクエストの修正。

    v1.14.29

    10月30 2015

    • null、または欠落しているポスター、キャプション、またはソースを含むカタログ要求を修正します。
    • SafariでHTTPSテキストトラックの読み込みを修正しました。
    • 更新先 video.js 4.12.15 .

    v1.14.26

    16 9月2016

    • プレイリストピッカーでクリックするとすぐにビデオの再生を開始するオプションを追加します。
    • プレイリストのビデオピッカーフォントを他のフォントと一致させる player.
    • Facebookアプリの埋め込みWebビューでビデオを表示するiPhoneの問題を修正します。
    • 使用に関する問題を修正しました。 indexOf RTMPソースの動画を含むプレイリスト。
    • video.js 4.12.14へのアップデート

    v1.14.22

    8月17 2015

    • へのサポート preload クエリパラメータを介してiframe埋め込みの属性。 追加 preload=auto , preload=metadata または preload=none iframeのプリロード動作を制御します。 デフォルト値は auto .
    • へのサポート autoplay クエリパラメータを介してiframe埋め込みの属性。 追加 autoplay=true それをサポートするプラットフォームで動画を自動再生します。 デフォルト値は false .
    • カタログAPIの使用のための飛行前のOPTIONSリクエストの必要性を取り除きます。
    • video.js 4.12.12に更新します。
    • 再生エラー率を改善するために、ストックブラウザを使用してAndroid OS 4.xでカスタムコントロールを使用しないでください。 カスタムコントロールは、Chrome for AndroidまたはAndroid 5.xを使用している視聴者には引き続き表示されます。
    • iframe埋め込みの言語クエリパラメーターが正しく解析されない問題を修正します。
    • ビデオに再生可能なソースがない場合に繰り返しエラーが発生する問題を修正します。
    • 自動再生HLSがライブポイントへのシークに失敗することがある問題を修正します。

    v1.14.19

    7月24 2015

    • 一部のHLSビデオが実際よりも長い時間を表示する問題を修正しました
    • 背景色がコントロールバーのメニューに適用されるようになりました
    • デスクトップ上のオーディオまたはビデオのみのエラーを修正しました。
    • IE10以前のページはめ込み埋め込み用のフルスクリーンボタンで、 player 直接; 以前は、新しいウィンドウは埋め込みページをロードしていました

    v1.14.18

    7月17 2015

    • HLSビデオを探す際に間違ってエラーが発生する問題を修正しました。

    v1.14.17

    7月10 2015

    • 現在ロードされているアイテムと同じ数のアイテムを含む新しいプレイリストをロードできない問題を修正します
    • HLSのビデオ期間の計算が改善されました
    • クランプはHLSのシーク可能な範囲を求めています
    • の原因となる問題を修正します player 全画面モードで高品質のレンディションを選択しない

    v1.14.16

    7月7 2015

    • ライブHLSストリームでのシークの高速化
    • 4:3のアスペクト比でビデオが断続的に表示される問題を修正しました
    • video.js 4.12.10へのアップデート

    v1.14.15

    6月29 2015

    • 改善されたmp4フォールバックソースの選択
    • 古いAndroid搭載端末の基本再生機能の改善

    v1.14.13

    6月12 2015

    • 追加されました seekable() APIに。 デスクトップ上のHLSストリームの「ライブ」ポイントを見つけるには、次を使用できます。 player.seekable().end(0) iOSと同じように。
    • ID3ベースのキューポイントが修正されたため、ライブHLSストリームでシークしてもポイントが再追加されない
    • ID3 TXXXフレームの解析時に、cue.textのnullバイト文字列ターミネーターを取り除きます

    v1.14.12

    6月5 2015

    • 帯域幅が予期せず低下した場合、品質レベルを速く切り替える
    • HLS品質レベルを切り替えるときに再生をライブポイントにリセットする可能性がある問題を修正
    • 一部のHLSストリームが4:3のアスペクト比で再生を開始する問題を修正

    v1.14.11

    22月2015

    • 適切に脱出する player 文字列にHTMLを含むプラグインスクリプト
    • 設定 preload=none HLSで遊ぶ前に事前バッファリングを防止する
    • video.jsへの更新 4.12.7
    • プリロードがオンのときの再生前のコントロールの合計時間を更新する
    • 自動再生がオンで、ビデオが読み込まれていない場合、エラーメッセージを表示しない
    • 不連続を伴うデスクトップHLSにおけるシークと持続時間の計算を修正

    v1.14.8

    8月2015

    • ページはめ込み埋め込みでフルスクリーンスタイルを誤ってオーバーライドする可能性を低くする
    • フルスクリーンコントロールが無効のときにiOSでエラーを修正
    • es8-shimを使用してカタログをIE5で使用すると、ページ内の問題を修正しました。
    • 廃止予定のtext_tracksプロパティの使用を削除する
    • 字幕やチャプターボタンのアイコンを追加する
    • 作る ended Flash技術が使用されている場合、イベントはより確実に起動します
    • いくつかの修正 player コンテンツのアスペクト比に関連するサイジングの問題
    • ローディングスピナーを戻す
    • IE8-10のフルスクリーンボタンのキーボードの起動を修正しました。
    • 破棄時のTypeErrorを修正 player 技術を切り替えた後
    • HLSeのパフォーマンス向上

    v1.14.2

    4月16 2015

    • プレイリストAPIとUIのサポート
    • ライブHLSストリームによる再生開始時刻の修正
    • アスペクト比の異なるポスター画像を使用する場合、ビデオの最初のフレームを非表示にします

    ページの最終更新日:13年2020月XNUMX日