サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    Brightcove Player 5から6への移行ガイド

    このトピックでは、から移行する際の問題について学習します Brightcove Player バージョン5からバージョン6。

    概要

    Video.js 6の下位互換性のない変更については、次のWebサイトで文書化されています。 Video.jsウィキこのドキュメントは、次のものに固有の追加の移行ガイドラインに使用できます。 Brightcove Player Video.js 6から5への移行には適用されない6。

    の重要な部分 Brightcove Player 5は互換性プラグインであり、 player 構成値:

    "compatibility": true

    この構成は5.xのデフォルトでオンになっています players。 その効果は、Video.js 4 APIを「シム」するプラグインを含めることです。 Brightcove Player 5.

    のように Brightcove Player 6、このシムはもはやの一部ではありません player。 5から6に更新する場合は、前述のドキュメントに従って、コードがVideo.js 6 APIと互換性があることを確認してください。 Video.jsウィキ。 次のセクションでは、アップデート時に考慮する必要がある変更について説明します。

    player.tech

    バージョン6では Brightcove Player, player.tech のプロパティではなく、現在の再生テクノロジーを返す関数です player バージョン5と同様。shimは、techオブジェクトのいくつかのプロパティをtech関数にマッピングしたため、コードは player.tech techオブジェクトであることはエラーをスローしません。

    Player サイズ剤

    Video.js 4では、 player JavaScriptを介してサイジングされました。 Video.js 5では、CSSベースの新しいサイズ設定スキームが導入され、 player 寸法。 シムはこれらの変更をロールバックし、バージョン4のように動作するようにしました。

    実際には、使用するとき Brightcove Player v6 heightwidth 動画タグのピクセル単位で測定されます のみ。 実際には、あなたの heightwidth 属性:

    width="480"

    幅と高さを次のように設定できます 100%以下 バージョン5では、これはバージョン6では機能しなくなりました。次のXNUMXつの方法でCSSを使用してこれを実現できます。

    • 使い方 style の属性 video タグ。
      <video-js data-video-id="5622718636001"
        data-account="1507807800001"
        data-player="default"
        data-embed="default"
        data-application-id
        class="video-js"
        controls
        style="width: 100%;height: 100%"></video-js>
      <script src="https://players.brightcove.net/1507807800001/default_default/index.min.js"></script>
    • 使い方 style タグ。
        ...
        <style>
            .video-js {
              height: 100%;
              width: 100%;
            }
        </style>
        ...
        <video-js data-account="1752604059001"
          data-player="H1xW7NWcz"
          data-embed="default"
          data-application-id
          class="video-js"
          controls></video-js>
        <script src="https://players.brightcove.net/1752604059001/H1xW7NWcz_default/index.min.js"></script>

    コンポーネントコンストラクタ

    Video.js 4およびバージョン5では、shim、コンポーネントコンストラクター( PlayerControlBar)は、 videojs 関数:

     videojs.${ComponentName}

    これはもはやケースではない。 ザ videojs.getComponent 代わりに関数を使用する必要があります:

    var ControlBar = videojs.getComponent('ControlBar');

    SliderHandleコンポーネント

    このコンポーネントは5.xにはありませんでした player、しかしそれを拡張していたユーザーのためにシムを介して復元されました。 現在は完全に削除されています。

    プロパティ/メソッドと選択肢

    以下は、互換性シムによって4.xから5.xにコピーされたいくつかのVideo.jsプロパティです。 6.xには存在しませんが、代替が提供されています。

    削除済み 代替手段
    vjs videojs
    videojs.JSON JSONの
    videojs.USER_AGENT window.navigator.userAgent
    videojs.EventEmitter videojs.EventTarget
    videojs.obj.isArray Array.isArray
    videojs.round(num、digits) Number(num.toFixed(digits))
    videojs.trim(str) str.trim()
    videojs.util.mergeOptions videojs.mergeOptions

    カスタムプラグインの作成

    バージョン5では Brightcove Player カスタムプラグインを作成したとき、プラグインの最初の行は videojs.plugin() 方法。 例えば:

    videojs.plugin('scrollIntoView', function() {
      var myPlayer = this,
        isAdPlaying = false;
      ...

    今すぐ使用する必要があります videojs.registerPlugin() 代わりにメソッド。 例えば:

    videojs.registerPlugin('scrollIntoView', function() {
      var myPlayer = this,
        isAdPlaying = false;

    しかし videojs.plugin() バージョン6では非推奨です。使用してもエラーにはなりませんが、コンソールに警告が表示されます。 使用できません videojs.registerPlugin() バージョン5 players.

    IMA3プラグイン

    にアップグレードした後 Brightcove Player 6、使用してIMA3プラグインを手動で再インストールする必要があります Studio。 見る ステップバイステップ:広告の実施 ドキュメントを参照してください。

    あなたが快適に使用している場合 Player Management APIまた、curlを使ってIMA3プラグインをアップグレードすることもできます。 具体的には、これはへのAPIリファレンスです。 更新します player。 これは同じ方法で実行できることに注意してください。 Player Management API 実際にアップグレードするために使用する呼び出し player.

    Flash HLSとcrossdomain.xml

    使用時のいくつかの特別な場合 Brightcove Player リリース6.13.0以降では、 crossdomain.xml ファイル。 これは次の場合に必要になります。

    • 独自のCDNを使用しています。
    • あなたが使用している Brightcove Player Flashを使用する必要があるような方法で。 を参照してください 再生するレンディションの決定 これが発生する可能性がある場合のドキュメント。

    これらの基準が満たされている場合は、 crossdomain.xml メディアが提供されているルートドメインのファイル。 たとえば、コンテンツを提供している場合

    https://www.domain.com/media/video.m3u8

    その後 crossdomain.xml ファイルが存在する必要があります

    https://www.domain.com/crossdomain.xml

    から player swfがホストされている players.brightcove.net、使用することをお勧めします *.brightcove.net。 例 crossdomain.xml 次のように表示されます。

    <?xml version="1.0"?>
    <cross-domain-policy>
    <allow-access-from domain="*.brightcove.net" />
    </cross-domain-policy>

    適切なドメインを指定する必要があります。 詳細については、 クイックヒント:クロスドメインポリシーファイルの手引き.

    HTTPSの操作

    HTTPページからHTTPSアセットを読み込む場合、またはその逆の場合は、 secure 値を持つ属性 false 次のように:

    <?xml version="1.0"?>
    <cross-domain-policy>
    <allow-access-from domain="*.brightcove.net" secure="false"/>
    </cross-domain-policy>

    ページの最終更新日:13年2020月XNUMX日