サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    ブライトコーブプレーヤーのサンプル:プレーヤーのダイナミックロード

    このトピックでは、Brightcove Player を動的にロードする方法を学びます。つまり、最初に作成された HTML ではなく、ユーザイベントで Brightcove Player を動的にロードする方法を学びます。

    プレーヤーの例

    このサンプルでは、[ プレーヤーの追加 ] ボタンをクリックして、プレーヤーを動的に構築してロードし、ビデオを再生します。

    CodePen で、ブライトコーブラーニングサービス ( @rcrooks1969 ) による Pen 18169 のダイナミックロードプレーヤーをご覧ください

    ソースコード

    GitHubで完全なソリューションを表示します

    CodePen を使用する

    上記のCodePenを効果的に使用するためのヒントは次のとおりです。

    • Resultボタンをクリックして、プレーヤーの実際の表示を切り替えます。
    • HTML/CSS/JSボタンをクリックして、コードタイプの 1 つを表示します。
    • このドキュメントの後半で、アプリケーションで使用されるロジック、フロー、およびスタイルについて、プレーヤー/ HTML構成アプリケーションフローそしてアプリケーションのスタイリングセクション。これらのセクションの情報に沿って従う最も良い方法は、次のとおりです。
      1. CodePen EDIT ON CODEPENのボタンをクリックして、1 つのブラウザ/ブラウザータブでコードを使用できるようにします。
      2. CodePen で、表示するコードを調整します。CodePen 内の異なるコードセクションの幅を変更できます。
      3. を見るプレーヤー/ HTML構成アプリケーションフローおよび/またはアプリケーションのスタイリング別のブラウザ/ブラウザタブのセクション。これで、コードの説明に従い、同時にコードを表示できるようになります。

    開発シーケンス

    推奨される開発順序は次のとおりです。

    1. インページ埋め込みプレーヤーの実装を使用して、プレーヤー、プラグイン、CSS の機能をテストします (CSS が必要な場合)
    2. ローカルテストのためにプラグインのJavaScriptとCSSを別々のファイルに置く
    3. エラーを解決したら、プラグインコードとCSSをサーバーにデプロイします
    4. Studio を使用してプラグインと CSS をプレイヤーに追加する
    5. iframe 実装がより適していると判断した場合は、インページ埋め込みプレーヤーの実装を置き換えます (次のセクションに詳述)

    これらの手順の詳細については、ステップバイステップを参照してください。プラグイン開発ガイド

    iframe またはページ内埋め込み

    Brightcove Player の拡張機能を開発する際には、コードが iframe 実装またはページ内埋め込み実装に最も適しているかどうかを判断する必要があります。ベストプラクティスの推奨事項は、iframe 実装で使用するプラグインを構築することです。iframeプレーヤーを使用する利点は次のとおりです。

    • 既存のJavaScriptおよび/またはCSSと競合しない
    • 自動応答性
    • iframeは、ソーシャルメディアアプリ(または動画が他のアプリに「移動」する必要があるとき)での使用を容易にします

    インページ埋め込みプレーヤーの統合はより複雑になりますが、その実装に関するコードを計画する場合もあります。一般化するために、このアプローチは、包含ページがプレイヤーと通信する必要がある場合に最適です。具体的には、いくつかの例を挙げます。

    • 含まれているページのコードは、プレイヤーイベントをリッスンして行動する必要があります
    • プレーヤーは包含ページのスタイルを使用します
    • iframeは、含まれるページからのリダイレクトのように、アプリロジックが失敗します

    最終実装で iframe コードを使用しない場合でも、JavaScript 用のプラグインと CSS 用の別のファイルを使用して、ページ内埋め込みコードを使用できます。これにより、ロジックがカプセル化され、複数のプレーヤーで簡単に使用できます。

    API/プラグインリソースを使用

    API メソッド
    遊ぶ ()
    ミュート ()

    プレーヤー/HTML構成

    このセクションでは、プレーヤーの作成時に必要な特別な設定について詳しく説明します。さらに、ページ内埋め込みプレーヤー実装コード以外に、ページに追加する必要があるその他の HTML 要素についても説明します。

    プレーヤーの設定

    このサンプル用に作成した Brightcove Player には、特別な設定は必要ありません。もちろん、このサンプルでは、プレーヤーのコードは最初に HTML ページに配置されず、動的に構築され、注入されます。

    その他のHTML

    プレーヤーの構築とインジェクションをトリガーする HTML ページに A <button>が追加されます。また、<div>射出位置として要素が追加されます。

    アプリケーションフロー

    このアプリケーションの背後にある基本的なロジックは次のとおりです。

    • 使用するアカウント ID、プレーヤー ID、動画 ID で変数値を設定します。
    • ボタンをクリックすると、<video>有効なタグは、単純な文字列連結を使用して構築され、その文字列はHTMLページに注入されます。
    • <script>有効なプレーヤーのタグも構築され、HTML ページに注入されます。これが完了すると、JavaScriptがページ上で実行され、onloadイベントが送出されます。onloadイベントハンドラで、プレーヤーを初期化する関数を呼び出します。
    • 呼び出された関数で、bc()メソッドを使用して汎用動画タグを Brightcove Player に初期化してから、play()メソッドを呼び出します。

    希望するアカウント ID、プレーヤー ID、ビデオ ID を指定します。

    ラベルが付いたコードを見つけます。

    // ### Set the data for the player ###

    変数にプレーヤーの設定に必要な値を割り当てます。

    プレイヤーのインページ埋め込み実装コードをビルドし、ページに注入する

    ラベルが付いたコードを見つけます。

    // ### Build the player and place in HTML DOM ###

    これはJavaScriptの仕事です。<video>文字列連結を使用して有効なタグを作成します。次に、HTML ページにタグを挿入します。次に、有効な Brightcove Player <script>タグを作成します。これをHTMLページに追加すると、JavaScriptが自動的に実行されます。これにより、onloadハンドラを記述できるイベントが作成されます。

    プレーヤーをブライトコーブプレーヤーとして初期化し、動画を再生する

    ラベルが付いたコードを見つけます。

    // ### Initialize the player and start the video ###

    bc()標準メソッドを使用して汎用プレーヤーを Brightcove Player として初期化し、play()メソッドを使用して動画を再生します。

    アプリケーションのスタイリング

    唯一のCSSは、プレーヤーのサイズを制御します。

    iframeの実装

    上記のようにiframeの実装は、非常によく似た方法で使用することができます。サンプルコードが利用可能です。ロード時にビデオを再生するには、 Studioでプレーヤーの自動開始プロパティを [ はい ] に設定するのが最善です。

    プラグインコード

    このサンプルのコードは、プラグインを登録する前にプレーヤーが存在する必要があるため、Brightcove Player プラグインとしては実行されません。もちろん、JavaScript を別のファイルに保存し、必要に応じてインポートすることもできます。

    プレーヤーを削除する

    プレイヤーを動的に削除したい場合があります。そのためには、myPlayer.dispose()メソッドを使用する必要があります。メモリリークを引き起こす可能性があるため、JavaScript経由でDOMからプレーヤーを削除したくありません。dispose()メソッドを使用すると、プレーヤーは自身を DOM から削除します。